メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

チュートリアル: スケジュールされたイベントでの AWS Lambda の使用

このチュートリアルでは、以下の作業を行います。

  • [lambda-canary] 設計図を使用して Lambda 関数を作成します。毎分ごとに実行されるように Lambda 関数を設定します。関数がエラーを帰す場合、AWS Lambda が CloudWatch にエラーメトリクスを記録することに注意してください。

  • Lambda 関数の Errors メトリクスに CloudWatch アラームを設定して、AWS Lambda が CloudWatch にエラーメトリクスを送信すると、Amazon SNS トピックにメッセージを投稿するようにします。Amazon SNS トピックに、電子メール通知を受け取るようにサブスクライブします。このチュートリアルでは、以下の手順でこの設定を行います。

    • Amazon SNS トピックを作成します。

    • 新しいメッセージがトピックに投稿されたときに E メール通知を取得するようにトピックにサブスクライブします。

    • Amazon CloudWatch で Lambda 関数の Errors メトリクスにアラームを設定し、エラー発生時に SNS トピックにメッセージを発行するようにします。

次のステップ

ステップ 1: Lambda 関数を作成する

このページの内容: