メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

ステップ 2: Lambda関数を作成し、手動で呼び出す

このセクションでは、以下の作業を行います。

  • デプロイパッケージを作成します。デプロイパッケージは、コードと依存関係を含む .zip ファイルです。このチュートリアルでは、依存関係を持たないシンプルなサンプルコードを使用します。

  • IAM ロール (実行ロール) を作成します。デプロイパッケージのアップロード時には、ユーザーに代わって関数を実行するために Lambda が引き受けることができる IAM ロール (実行ロール) を指定する必要があります。

    このロールには、Lambda 関数が必要とするアクセス権限も付与します。このチュートリアルのコードでは、Amazon CloudWatch Logs にログに書き込みます。従って、CloudWatch アクションのためのアクセス権限を付与する必要があります。詳細については、「AWS Lambda Watch ログ」を参照してください。

  • CLI コマンド create-function を使用して、Lambda 関数 (HelloWorld) を作成します。基盤となる API および関連パラメータの詳細については、「CreateFunction」を参照してください。

次のステップ

ステップ 3: Lambda 関数を呼び出す (AWS CLI)

このページの内容: