メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

ステップ 4: より多くの CLI コマンドを試す (AWS CLI)

ステップ 4.1: アカウントの Lambda 関数をリストする

このセクションでは、AWS Lambda のリスト関数の操作を試します。次の AWS CLI コマンド list-functions を実行して、アップロードした関数のリストを取得します。

Copy
$ aws lambda list-functions \ --max-items 10 \ --profile adminuser

コマンドでは、ページ分割の使用について示すため、省略可能な --max-items パラメータを指定して、応答で返される関数の数を制限しています。詳細については、「ListFunctions」を参照してください。以下に、応答の例を示します。

Copy
{ "Functions": [ { "FunctionName": "helloworld", "MemorySize": 128, "CodeSize": 412, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:account-id:function:ProcessKinesisRecords", "Handler": "ProcessKinesisRecords.handler", "Role": "arn:aws:iam::account-id:role/LambdaExecRole", "Timeout": 3, "LastModified": "2015-02-22T21:03:01.172+0000", "Runtime": "nodejs4.3", "Description": "" }, { "FunctionName": "ProcessKinesisRecords", "MemorySize": 128, "CodeSize": 412, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-1:account-id:function:ProcessKinesisRecords", "Handler": "ProcessKinesisRecords.handler", "Role": "arn:aws:iam::account-id:role/lambda-execute-test-kinesis", "Timeout": 3, "LastModified": "2015-02-22T21:03:01.172+0000", "Runtime": "nodejs4.3", "Description": "" }, ... ], "NextMarker": null }

応答で、Lambda は最大 10 個の関数のリストを返します。取得できる関数がさらにある場合、NextMarker は、次の list-functions リクエストで使用できるマーカーを提供します。それ以外の場合、値は null です。次の list-functions AWS CLI コマンドは、--next-marker パラメータを示す例です。

Copy
$ aws lambda list-functions \ --max-items 10 \ --marker value-of-NextMarker-from-previous-response \ --profile adminuser

ステップ 4.2: メタデータと URL を取得して、以前にアップロードした Lambda 関数デプロイパッケージをダウンロードする

Lambda CLI get-function コマンドは、関数を作成するためにアップロードした関数の .zip ファイル (デプロイパッケージ) をダウンロードするために使用できる、Lambda 関数メタデータと署名付き URL を返します。詳細については、「GetFunction」を参照してください。

Copy
$ aws lambda get-function \ --function-name helloworld \ --region us-west-2 \ --profile adminuser

以下に、応答の例を示します。

Copy
{ "Code": { "RepositoryType": "S3", "Location": "pre-signed-url" }, "Configuration": { "FunctionName": "helloworld", "MemorySize": 128, "CodeSize": 287, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:account-id:function:helloworld", "Handler": "helloworld.handler", "Role": "arn:aws:iam::account-id:role/LambdaExecRole", "Timeout": 3, "LastModified": "2015-04-07T22:02:58.854+0000", "Runtime": "nodejs4.3", "Description": "" } }

(署名済み URL ではなく) 関数の設定情報のみが必要な場合は、Lambda CLI の get-function-configuration コマンドを使用できます。

Copy
$ aws lambda get-function-configuration \ --function-name helloworld \ --region us-west-2 \ --profile adminuser

次のステップ

ステップ 5: Lambda 関数と IAM ロールを削除する (AWS CLI)