メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

Amazon CloudWatch での Amazon Lex のモニタリング

Amazon Lex ボットの正常性を追跡するには、Amazon CloudWatch を使用します。CloudWatch では、アカウントの個別の Amazon Lex オペレーションまたはグローバルな Amazon Lex オペレーションのメトリクスを取得できます。定義したしきい値を 1 つ以上のメトリクスが超えたときに通知するよう CloudWatch アラームを設定することもできます。たとえば、指定期間中にボットに送信されたリクエスト数をモニタリングして、成功したリクエストのレイテンシーを確認し、エラー数がしきい値を超えた場合はアラームを生成できます。

Amazon Lex の CloudWatch メトリクス

Amazon Lex オペレーションのメトリクスを取得するには、以下の情報を指定する必要があります。

  • メトリクスディメンション。ディメンションは、メトリクスを識別するための名前と値のペアのセットです。Amazon Lex には 3 つのディメンションがあります。

    • BotAlias, BotName, Operation

    • BotAlias, BotName, InputMode, Operation

    • BotName, BotVersion, InputMode, Operation

  • メトリクス名 (MissedUtteranceCountRuntimeRequestCount など)。

Amazon Lex のメトリクスは、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、CloudWatch API のいずれかを使用して取得できます。CloudWatch API は、いずれかの Amazon AWS Software Development Kit (SDK) または CloudWatch API ツールで使用できます。Amazon Lex コンソールには、CloudWatch API の未加工データに基づいてグラフが表示されます。

CloudWatch で Amazon Lex をモニタリングするには、CloudWatch への適切なアクセス権限が必要です。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド の「Amazon CloudWatch に対する認証とアクセスコントロール」を参照してください。

Amazon Lex メトリクスの表示

Amazon Lex コンソールと CloudWatch コンソールを使用して Amazon Lex メトリクスを表示します。

メトリクスを表示するには (Amazon Lex コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  2. ボットのリストから、メトリクスを表示する対象のボットを選択します。

  3. [Monitoring] を選択します。メトリクスがグラフに表示されます。

メトリクスを表示するには (CloudWatch コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、 https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Metrics] で、[All Metrics]、[AWS/Lex] の順に選択します。

  3. ディメンションを選択し、メトリクス名を選択します。[Add to graph] を選択します。

  4. 日付範囲の値を選択します。選択した日付範囲のメトリクスカウントがグラフに表示されます。

アラームを作成する

CloudWatch アラームは、指定期間中に単一のメトリクスを監視し、1 つ以上のアクションを実行して、Amazon SNS トピックまたは Auto Scaling ポリシーに通知を送信します。アクションは、複数の指定期間にわたって特定のしきい値を基準としたメトリクスの値に応じて実行されます。アラームの状態が変わったときにも、CloudWatch は Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) メッセージを送信できます。

CloudWatch アラームがアクションを呼び出すのは、状態が変わってから指定期間が経過するまで、その新しい状態が続いた場合に限ります。

アラームを設定するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、 https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Alarms]、[Create Alarm] の順に選択します。

  3. [AWS/Lex Metrics] を選択し、メトリクスを選択します。

  4. [Time Range] で、モニタリングする期間を選択し、[Next] を選択します。

  5. [Name] と [Description] に入力します。

  6. [Whenever] で [>=] を選択し、最大値を入力します。

  7. アラーム状態に達したときに CloudWatch から E メールを送信する場合は、[Actions] セクションの [Whenever this alarm] で、[State is ALARM] を選択します。[Send notification to] でメーリングリストを選択するか、[New list] を選択して新しいリストを作成します。

  8. [Alarm Preview] セクションでアラームをプレビューします。アラームに問題がなければ、[Create Alarm] を選択します。