メニュー
Amazon Polly
開発者ガイド

SSML の使用

Amazon Polly では、プレーンテキスト入力および SSML バージョン 1.1 に準拠した Speech Synthesis Markup Language (SSML) ドキュメントの両方から音声を生成します。SSML タグを使用すると、発音、ボリューム、話す速度など、音声のさまざまな要素をカスタマイズして制御できます。

Amazon Polly では、以下の W3C 勧告で定義された SSML 1.1 がサポートされています。

SSML W3C 勧告の一部の要素はサポートされていません。詳細については、「Amazon Polly の制限」を参照してください。

このセクションでは、音声出力を生成して制御できる SSML の簡単な例を説明します。この例では、これらの例をテストする synthesize-speech AWS CLI コマンドも提供します。