メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

REGEXP_SUBSTR 関数

正規表現パターンを検索して文字列から抽出した文字を返します。REGEXP_SUBSTR は SUBSTRING 関数 関数に似ていますが、文字列で正規表現パターンを検索することができます。正規表現に関する詳細については、「POSIX 演算子」を参照してください。

構文

Copy
REGEXP_SUBSTR ( source_string, pattern [, position ] )

引数

source_string

検索する文字列式 (列名など)。

pattern

SQL の標準の正規表現パターンを表す文字列リテラル。

position

検索を開始する source_string 内の位置を示す正の整数。位置はバイト数ではなく文字数に基づくため、マルチバイト文字は 1 文字としてカウントされます。デフォルトは1です。position が 1 より小さい場合、source_string の最初の文字から検索が開始されます。positionsource_string の文字数より大きい場合、結果は空の文字列 ("") になります。

戻り型

VARCHAR

次の例では、メールアドレスの @ 文字とドメイン拡張の間の分が返されます。

Copy
select email, regexp_substr(email,'@[^.]*') from users limit 5; email | regexp_substr --------------------------------------------+---------------- Suspendisse.tristique@nonnisiAenean.edu | @nonnisiAenean sed@lacusUtnec.ca | @lacusUtnec elementum@semperpretiumneque.ca | @semperpretiumneque Integer.mollis.Integer@tristiquealiquet.org | @tristiquealiquet Donec.fringilla@sodalesat.org | @sodalesat

このページの内容: