メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift のベストプラクティス

この章では、テーブルの設計、テーブルへのデータのロード、およびクエリの記述のベストプラクティスを示します。

Amazon Redshift は、他の SQL データベースシステムとは異なります。Amazon Redshift アーキテクチャーを最大限に活用するには、超並列処理、列指向データストレージ、および列指向データ圧縮を利用するようにテーブルを設計し、構築して、ロードする必要があります。データロード時間とクエリ実行時間が予想以上または必要以上に長い場合は、重要な情報を見落としている可能性があります。

経験豊富な SQL データベース開発者には、Amazon Redshift データウェアハウスの開発を開始する前に、この章を読むことを強くお勧めします。

SQL データベース開発の初心者には、ここから開始することをお勧めしません。まず「データベースの使用開始」を読み、いくつかの例を実際に試してください。

この章では、最も重要な開発の原則の概要と、これらの原則を実装するために役立つ具体的なヒント、例、およびベストプラクティスを示します。1 つのベストプラクティスをあらゆる状況に適用できるわけではありません。データベース設計を確定する前に、あらゆるオプションを評価する必要があります。詳細については、「テーブルの設計」、「データのロード」、「クエリパフォーマンスのチューニング」、および参照章を参照してください。