メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

クエリの概要の分析

EXPLAIN により生成されるクエリプランより詳細な実行ステップと統計を取得するには、SVL_QUERY_SUMMARY システムビューと SVL_QUERY_REPORT システムビューを使用します。

SVL_QUERY_SUMMARY は、クエリの統計をストリームで提供します。提供される情報を使用して、コストが高いステップ、実行時間が長いステップ、ディスクへの書き込みを行うステップに関する問題を特定することができます。

SVL_QUERY_REPORT システムビューでは、SVL_QUERY_SUMMARY と似た情報を参照できますが、システムごとではなくコンピューティングノードごとのみです。クラスター全体における不均等なデータ分散を検出するためのスライスレベル情報 (データ分散スキューとも呼ばれます) を使用できます。データ分散が不均等になていると、一部のノードの処理量が他のノードより多くなり、クエリパフォーマンスに悪影響を与えます。