メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift を初めてお使いになる方向けの情報

Amazon Redshift を初めて使用する方には、次のセクションを初めに読むことをお勧めします。

  • サービスのハイライトと価格設定 – この製品詳細ページには、Amazon Redshift の価値提案、サービスのハイライト、価格設定が掲載されています。

  • 入門ガイド – Amazon Redshift 入門ガイドでは、例を通して Amazon Redshift データウェアハウスクラスターの作成、データベーステーブルの作成、データのアップロード、およびクエリのテストのプロセスを順に説明しています。

入門ガイドを完了したら、次のガイドの 1 つをお読みになることをお勧めします。

  • Amazon Redshift Cluster Management Guide – クラスター管理ガイドでは、Amazon Redshift クラスターの作成と管理方法について説明します。

    アプリケーション開発者は、Amazon Redshift Query API を使ってクラスターをプログラムで管理できます。基礎となる Amazon Redshift API をラップする AWS SDK ライブラリもあり、プログラミング作業の単純化に役立ちます。クラスターをよりインタラクティブに管理したい場合は、Amazon Redshift コンソールおよび AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) をご利用になれます。API および CLI の詳細については、以下のマニュアルを参照してください。

  • Amazon Redshift Database Developer Guide (このドキュメント) – データベース開発者を対象として、データウェアハウスを構成するデータベースの設計、構築、クエリ、および保守の方法を説明しています。

別のリレーショナルデータベースシステムやデータウェアハウスアプリケーションから Amazon Redshift への移行を計画している場合は、Amazon Redshift の実装方法における重要な相違点に注意してください。テーブルの設計とデータのロードに関する最重要の考慮事項の要約については、「テーブル設計のベストプラクティス」および「データロードのベストプラクティス」を参照してください。Amazon Redshift は PostgreSQL 8.0.2 に基づいています。Amazon Redshift と PostgreSQL の相違の詳しいリストについては、「Amazon Redshift および PostgreSQL」を参照してください。