メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

クエリパフォーマンスのチューニング

Amazon Redshift は、構造化クエリ言語 (SQL) に基づくクエリを使用して、システム内のデータおよびオブジェクトとやり取りします。データ操作言語 (DML) は、データの表示、追加、変更、削除に使用する SQL のサブセットです。データ定義言語 (DDL) は、テーブルやビューなどのデータベースオブジェクトの追加、変更、削除に使用する SQL のサブセットです。

システムがセットアップされると、通常は DML を最も多く使用します (特にデータを取得および表示する SELECT コマンド)。Amazon Redshift で有効なデータ取得クエリを記述するには、SELECT についてよく理解し、「Amazon Redshift のテーブル設計のベストプラクティス」にまとめられているヒントを当てはめてクエリの効果を最大限に高めてください。

Amazon Redshift がクエリを処理する方法について理解するには、「クエリ処理」セクションと「クエリの分析および改善」を使用します。その後、この情報を診断ツールと組み合わせ、クエリパフォーマンスの問題を特定して除去できます。

Amazon Redshift クエリで発生する可能性のある一般的な問題と重大な問題を特定して対処するには、「クエリのトラブルシューティング」セクションを使用します。