メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

Amazon Redshift Spectrum でのメトリクスのモニタリング

次のシステムビューを使用して、Amazon Redshift Spectrum クエリをモニタリングできます。

  • SVL_S3QUERY

    SVL_S3QUERY システムビューを使用して、セグメントおよびノードスライスレベルで Redshift Spectrum クエリ (S3 クエリ) の詳細を確認します。

  • SVL_S3QUERY_SUMMARY

    SVL_S3QUERY_SUMMARY ビューを使用して、システムで実行されたすべての Amazon Redshift Spectrum クエリ (S3 クエリ) 概要を取得します。

以下に、SVL_S3QUERY_SUMMARY の確認事項を示します。

  • Redshift Spectrum クエリで処理されたファイル数。

  • Amazon S3 からスキャンされたバイト数。Redshift Spectrum クエリの料金は、Amazon S3 からスキャンされたデータ量に反映されます。

  • Redshift Spectrum レイヤーからクラスターに返されたバイト数。大量のデータが返されると、システムパフォーマンスに影響が及ぶ可能性があります。

  • Redshift Spectrum リクエストの最長時間と平均時間。実行時間の長いリクエストはボトルネックの可能性があります。