メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

データベース開発者向けの情報

データベースユーザー、データベース設計者、データベース開発者、またはデータベース管理者向けの情報を見つけるには、次の表を参考にしてください。

目的 推奨事項

今すぐ Amazon Redshift を使い始める

初めに、Amazon Redshift 入門ガイドのステップを順にたどると、すぐにクラスターをデプロイし、データベースに接続して、クエリを実行してみることができます。

実際のデータベースの構築、テーブルへのデータのロード、およびデータウェアハウス内のデータを操作するためのクエリ作成の準備ができたら、このデータベース開発者ガイドに戻ってください。

Amazon Redshift データウェアハウスの内部的なアーキテクチャを知る。

Amazon Redshift システムの概要」で、Amazon Redshift の内部的なアーキテクチャの概要を説明しています。

Amazon Redshift ウェブサービスの全体的な概要については、Amazon Redshift の製品詳細ページを参照してください。

データベース、テーブル、ユーザー、およびその他のデータベースオブジェクトを作成する。

データベースの使用開始」で SQL 開発の基本を紹介しています。

Amazon Redshift SQL」には、Amazon Redshift の SQL コマンドと関数およびその他の SQL 要素の構文と例があります。

テーブル設計のベストプラクティス」は、ソートキー、分散キー、および圧縮エンコーディングの選択に関する推奨事項の要約です。

パフォーマンスが最適になるようにテーブルを設計する方法を知る。

テーブルの設計」で、テーブル列内のデータへの圧縮適用に関する、および分散キーとソートキーの選択に関する考慮事項を詳しく説明しています。

データをロードする。

データのロード」で、大容量のデータセットを Amazon DynamoDB のテーブルから、または Amazon S3 のバケットに格納されたフラットファイルからロードする手順を説明しています。

データロードのベストプラクティス」には、データのロードの時間短縮と効率向上のためのヒントがあります。

ユーザー、グループ、およびデータベースのセキュリティを管理する。

データベースセキュリティの管理」で、データベースのセキュリティに関するトピックを取り上げています。

システムのパフォーマンスを監視して最適化する。

システムテーブルのリファレンス」で、システムテーブルおよびビューについて詳しく説明しています。これらに対してクエリを実行すると、データベースのステータスが分かり、クエリやプロセスの監視を行うことができます。

また、Amazon Redshift Cluster Management Guide では、AWS マネジメントコンソールを使用してシステムのヘルスチェック、メトリクスの監視、およびクラスターのバックアップとリストアを行う方法を説明しています。

大容量データセットからの情報を分析してレポートを作成する。

多くのソフトウェアベンダーから、各社の製品と Amazon Redshift の組み合わせが認定されているため、現在お使いのツールを引き続きご使用いただけます。詳細については、Amazon Redshift パートナーページを参照してください。

SQL リファレンス」に、Amazon Redshift でサポートされるすべての SQL 式、コマンド、および関数の詳しい情報があります。