メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

同時書き込み操作を管理する

Amazon Redshift では、増分ロードまたは増分変更の実行中にテーブルを読み取ることができます。

一部の従来のデータウェアハウジングおよびビジネスインテリジェンスアプリケーションでは、毎日の夜間のロードが完了したときにのみデータベースが利用可能になります。そのような場合、分析クエリが実行され、レポートが生成される通常の作業時間の間は更新が許可されません。ただし、増え続けるアプリケーションは日中ずっと、あるいは 1 日中稼動状態を維持し、ロード時間枠という概念は古いものになります。

Amazon Redshift では増分ロードまたは増分変更の実行中にテーブル読み取りができるので、これらのアプリケーションがサポートされます。クエリは、コミットする次のバージョンの待機ではなく、データの最新コミットバージョンまたはスナップショットだけを確認します。特定のクエリに別の書き込み操作からのコミットを待機させる場合、それを適宜スケジュールする必要があります。

次のトピックでは、トランザクション、データベーススナップショット、更新、同時動作など、主要な概念とユースケースの一部を紹介します。