メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

UNION ALL クエリの例

次の例では、重複行が検出された場合、その重複行を結果に保持する必要があるため、UNION ALL 演算子を使用します。一連の特定イベント ID では、クエリは各イベントに関連付けられているセールスごとに 0 行以上の行を返し、そのイベントのリスティングごとに 0 行または 1 行を返します。イベント ID は、LISTING テーブルと EVENT テーブルの各行に対して一意ですが、SALES テーブルのイベント ID とリスティング ID の同じ組み合わせに対して、複数のセールスが存在することがあります。

結果セットの 3 番目の列は、行のソースを特定します。その行が SALES テーブルからの行だった場合、SALESROW 列に "Yes" というマークが付きます。 (SALESROW は SALES.LISTID のエイリアスです。) その行が LISTING テーブルからの行だった場合、SALESROW 列に "No" というマークが付きます。

この場合、リスティング 500、イベント 7787 の結果セットは、3 つの行から構成されます。つまり、このリスティングとイベントの組み合わせに対して、3 つの異なる取引が実行されたということです。他の 2 つのリスティング (501 と 502) では販売はありません。このため、これらのリスト ID に対してクエリが生成した唯一の行は LISTING テーブル (SALESROW = 'No') から生成されます。

Copy
select eventid, listid, 'Yes' as salesrow from sales where listid in(500,501,502) union all select eventid, listid, 'No' from listing where listid in(500,501,502) order by listid asc; eventid | listid | salesrow ---------+--------+---------- 7787 | 500 | No 7787 | 500 | Yes 7787 | 500 | Yes 7787 | 500 | Yes 6473 | 501 | No 5108 | 502 | No (6 rows)

ALL キーワードを付けずに同じクエリを実行した場合、結果には、セールス取引の 1 つだけが保持されます。

Copy
select eventid, listid, 'Yes' as salesrow from sales where listid in(500,501,502) union select eventid, listid, 'No' from listing where listid in(500,501,502) order by listid asc; eventid | listid | salesrow ---------+--------+---------- 7787 | 500 | No 7787 | 500 | Yes 6473 | 501 | No 5108 | 502 | No (4 rows)