メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

CRC32 関数

CRC32 はエラー検出関数であり、CRC32 アルゴリズムを使用して、ソースデータとターゲットデータの間の変更を検出します。CRC32 関数は、可変長文字列を 8 文字の文字列に変換します。この 8 文字の文字列は、32 ビットバイナリシーケンスの 16 進値をテキストで表記したものです。

構文

Copy
CRC32(string)

引数

string

可変長文字列。

戻り型

CRC32 関数は、8 文字の文字列を返します。この 8 文字の文字列は、32 ビットバイナリシーケンスの 16 進値をテキストで表記したものです。Amazon Redshift の CRC32 関数は CRC-32C の多項式に基づいています。

以下の例では、文字列 'Amazon Redshift' の 32 ビット値を示します。

Copy
select crc32('Amazon Redshift'); crc32 ---------------------------------- f2726906 (1 row)

このページの内容: