メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

CREATE VIEW

データベースにビューを作成します。このビューは物理的にマテリアライズされません。ビューを定義するクエリは、ビューがクエリで参照されるたびに実行されます。

構文

Copy to clipboard
CREATE [ OR REPLACE ] VIEW name [ ( column_name [, ...] ) ] AS query

パラメーター

OR REPLACE

同じ名前のビューが既に存在する場合、ビューは置換されます。同じ列名をデータタイプを使用して同一の列セットを生成する新しいクエリでは、ビューの置換のみが可能です。CREATE OR REPLACE VIEW は、操作が完了するまで、読み書きのためにビューをロックします。

name

ビューの名前。スキーマ名を指定すると (myschema.myview など)、指定したスキーマを使用してビューが作成されます。指定しない場合、現在のスキーマにビューが作成されます。ビュー名は、同じスキーマ内の他のビューやテーブルと異なる名前にする必要があります。

「#」で始まるビュー名を指定したビューは、現在のセッションでのみ表示される一時ビューとして作成されます。

有効な名前の詳細については、「名前と識別子」を参照してください。システムデータベース template0、template1、padb_harvest にテーブルまたはビューを作成することはできません。

column_name

ビューの列に使用されるオプションの名前リスト。列名を指定しない場合、列名はクエリから取得されます。1 つの画面で定義できる列の最大数は 1,600 です。

query

テーブルに評価されるクエリ (SELECT ステートメントのフォーム)。このテーブルでは、ビューの列と行を定義します。

注記

ビューの更新、ビューへの挿入、ビューからの削除を行うことはできません。

使用に関する注意事項

ビューの所有権を持っている場合、またはビューに対する特権が付与されている場合でも、基礎となるテーブルにアクセス権を持っていることにはなりません。基礎となるテーブルに対するアクセス権を明示的に付与する必要があります。

次のコマンドでは、EVENT というテーブルから myevent というビューを作成します。

Copy to clipboard
create view myevent as select eventname from event where eventname = 'LeAnn Rimes';

次のコマンドでは、USERS というテーブルから myuser というビューを作成します。

Copy to clipboard
create view myuser as select lastname from users;