メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

CURRENT_USER

許可の確認に適用可能な場合、データベースの現在の「有効」なユーザーのユーザー名を返します。このユーザー名は通常、セッションユーザーと同じ名前になりますが、スーパーユーザーが変更する可能性があります。

注記

CURRENT_USER を呼び出すときには、末尾の括弧を使用しないでください。

構文

Copy to clipboard
current_user

戻り型

CURRENT_USER は、CHAR 型または VARCHAR 型の文字列を返します。

次のクエリは、現在のデータベースユーザーの名前を返します。

Copy to clipboard
select current_user; current_user -------------- dwuser (1 row)

このページの内容: