メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

DATEFORMAT と TIMEFORMAT の文字列

COPY コマンドの DATEFORMAT と TIMEFORMAT オプションでは書式文字列を取ります。これらの文字列には、日時区切り記号 ('-'、'/'、':' など)、および次の「日付部分」と「時間部分」を含めることができます。

注記

COPY コマンドが日付値または時刻値の形式を認識しない場合、または日付値および時刻値でそれぞれ異なる形式が使用されている場合は、'auto' 引数を TIMEFORMAT パラメータとともに使用します。'auto' 引数は、DATEFORMAT および TIMEFORMAT 文字列を使用する場合にサポートされない形式を認識します。

日付部分または時刻部分 意味
YY 年 (世紀なし)
YYYY 年 (世紀あり)
MM 月 (数字)
MON 月 (名前。省略名またはフルネーム)
DD 日 (数字)
HH または HH24 時 (24 時間制)
HH12 時 (12 時間制)
MI
SS Seconds
AM または PM 午前午後の指標 (12 時間制用)

デフォルトの日付形式は YYYY-MM-DD です。タイムゾーン (TIMESTAMP) 形式なしのデフォルトのタイプスタンプは YYYY-MM-DD HH:MI:SS です。タイムゾーン (TIMESTAMPTZ) 形式ありのデフォルトのタイプスタンプは OF が UTC からのオフセットである (-8:00 など) YYYY-MM-DD HH:MI:SSOF です。タイムゾーン指定子 (TZ、tz、または OF) を timeformat_string に含めることはできません。秒 (SS) フィールドは小数点以下の秒もサポートしています (マイクロ秒レベルまで)。デフォルト形式と異なる形式の TIMESTAMPTZ データをロードするには、「auto」を指定します。詳細については、「DATEFORMAT と TIMEFORMAT で自動認識を使用する」を参照してください。

たとえば、次の DATEFORMAT と TIMEFORMAT の文字列は有効です。

COPY 構文 有効な入力文字列の例
DATEFORMAT AS 'MM/DD/YYYY' 03/31/2003
DATEFORMAT AS 'MON DD, YYYY' March 31, 2003
TIMEFORMAT AS 'MM.DD.YYYY HH:MI:SS' 03.31.2003 18:45:05

03.31.2003 18:45:05.123456