メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

日付リテラルおよびタイムスタンプリテラル

日付

次に示す入力日付はすべて、Amazon Redshift テーブルにロードできる有効なリテラル日付値の例です。デフォルトの MDY DateStyle モードが有効であるとみなされています。すなわち、月の値が日の値に先行します (1999-01-0801/02/00 など)。

注記

日付またはタイムスタンプのリテラルをテーブルにロードするには、それらのリテラルを引用符で囲む必要があります。

入力日付 完全な日付
January 8, 1999 January 8, 1999
1999-01-08 January 8, 1999
1/8/1999 January 8, 1999
01/02/00 2000 年 1 月 2 日
2000-Jan-31 2000 年 1 月 31 日
Jan-31-2000 2000 年 1 月 31 日
31-Jan-2000 2000 年 1 月 31 日
20080215 2008 年 2 月 15 日
080215 2008 年 2 月 15 日
2008.366 2008 年 12 月 31 日 (日付の 3 桁部分は 001~366 である必要があります)

タイムスタンプ

次に示す入力タイムスタンプはすべて、Amazon Redshift テーブルにロードできる有効なリテラル時刻値の例です。有効な日付リテラルはすべて、以下の時刻リテラルと結合することができます。

入力タイムスタンプ (日付と時刻が結合されている) 説明 (時刻部分)
20080215 04:05:06.789 午前 4 時 5 分 6.789 秒
20080215 04:05:06 午前 4 時 5 分 6 秒
20080215 04:05 午前 4 時 5 分ちょうど
20080215 040506 午前 4 時 5 分 6 秒
20080215 04:05 AM 午前 4 時 5 分ちょうど。AM はオプション
20080215 04:05 PM 午後 4 時 5 分ちょうど。時値は < 12 である必要があります。
20080215 16:05 午後 4 時 5 分ちょうど
20080215 午前 0 時 (デフォルト)

特殊な日時値

次に示す特殊な値は、日時リテラルとして、および日付関数に渡す引数として使用できます。このような特殊な値は、一重引用符を必要とし、クエリの処理時に正規のタイムスタンプ値に変換されます。

説明
now 現在のトランザクションの開始時間に等しく、マイクロ秒の精度を持つタイムスタンプを返します。
today 該当する日付に等しく、時刻部分がゼロのタイムスタンプを返します。
tomorrow

yesterday

次の例では、nowおよび today が DATEADD 関数とどのように連動して動作するかを示します。

Copy
select dateadd(day,1,'today'); date_add --------------------- 2009-11-17 00:00:00 (1 row) select dateadd(day,1,'now'); date_add ---------------------------- 2009-11-17 10:45:32.021394 (1 row)

このページの内容: