メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

日時型を使用する例

日付の例

形式が異なる複数の日付を挿入して、出力を表示します。

Copy
create table datetable (start_date date, end_date date);
Copy
insert into datetable values ('2008-06-01','2008-12-31'); insert into datetable values ('Jun 1,2008','20081231');
Copy
select * from datetable order by 1; start_date | end_date ------------------------ 2008-06-01 | 2008-12-31 2008-06-01 | 2008-12-31
DATE 列にタイムスタンプ値を挿入した場合、時刻部分が無視され、日付のみロードされます。

タイムスタンプの例

日付を TIMESTAMP 列または TIMESTAMPTZ 列に挿入すると、時刻はデフォルトでは午前 0 時になります。例えば、リテラル 20081231 を挿入すると、格納される値は 2008-12-31 00:00:00 です。

現在のセッションのタイムゾーンを変更するには、SET コマンドを使用して timezone 設定パラメーターを設定します。

形式の異なる複数のタイムスタンプを挿入して、出力を表示します。

Copy
create table tstamp(timeofday timestamp, timeofdaytz timestamptz); insert into tstamp values('Jun 1,2008 09:59:59', 'Jun 1,2008 09:59:59 EST' ); insert into tstamp values('Dec 31,2008 18:20','Dec 31,2008 18:20'); insert into tstamp values('Jun 1,2008 09:59:59 EST', 'Jun 1,2008 09:59:59); timeofday --------------------- 2008-06-01 09:59:59 2008-12-31 18:20:00 (2 rows)