メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

日時形式の文字列

以下の日時形式の文字列のリファレンスを参照してください。

以下の形式の文字列は、TO_CHAR などの関数に適用されます。これらの文字列には、日時区切り記号 ('-'、'/'、':' など)、および次の「日付部分」と「時間部分」を含めることができます。

日付部分または時刻部分 意味
BC または B.C.、AD または A.D.、b.c. または bc、ad または a.d. 大文字および小文字の時代インジケータ
CC 2 桁の世紀数
YYYY、YYY、YY、Y 4 桁、3 桁、2 桁、1 桁の年数
Y,YYY カンマ付きの 4 桁の年番号
IYYY、IYY、IY、I 4 桁、3 桁、2 桁、1 桁の International Organization for Standardization (ISO) 年番号
Q 四半期番号 (1~4)
MONTH、Month、month 月名 (大文字、大小混合文字、小文字、空白が埋め込まれて 9 文字になる)
MON、Mon、mon 月の略称 (大文字、大小混合文字、小文字、空白が埋め込まれて 9 文字になる)
MM 月番号 (01~12)
RM、rm ローマ数字の月番号 (I–XII。大文字小文字を問わず I は 1 月)
W 月初からの週 (1–5。第 1 週はその月の 1 日目から始まる)
WW 年始からの週番号 (1–53。第 1 週は、その年の 1 日目から始まる)
IW 年始からの ISO 週番号 (新年の最初の木曜日が第 1 週になる)
DAY、Day、day 日の名前 (大文字、大小混合文字、小文字、空白が埋め込まれて 9 文字になる)
DY、Dy、dy 日の略称 (大文字、大小混合文字、小文字、空白が埋め込まれて 9 文字になる)
DDD 年始からの日 (001–366)
DD 日にちを数字表示 (01–31)
D 週初めからの日 (1–7、日曜日が 1)

注記

日付部分の D は、日時関数 DATE_PART および EXTRACT に使用される日付部分 day of week (DOW) とは動作が異なります。DOW は、整数 0–6 (日曜日が 0) に基づきます。詳細については、「日付関数またはタイムスタンプ関数の日付部分」を参照してください。

J ユリウス日 (紀元前 4712 年 1 月 1 日からの日数)
HH24 時 (24 時間制、00–23)
HH または HH12 時 (12 時間制、01–12)
MI 分 (00–59)
SS 秒 (00–59)
MS ミリ秒 (.000)
米国 マイクロ秒 (.000000)
AM または PM、A.M. または P.M.、a.m. または p.m.、am または pm 大文字および小文字の午前/午後のインジケータ (12 時間制)
TZ、tz 大文字および小文字のタイムゾーンの省略形。TIMESTAMPTZ でのみ有効
OF UTC からのオフセット。TIMESTAMPTZ でのみ有効

以下の例では、秒、ミリ秒、マイクロ秒の形式を示しています。

Copy
select sysdate, to_char(sysdate, 'HH24:MI:SS') as seconds, to_char(sysdate, 'HH24:MI:SS.MS') as milliseconds, to_char(sysdate, 'HH24:MI:SS:US') as microseconds; timestamp | seconds | milliseconds | microseconds --------------------+----------+--------------+---------------- 2015-04-10 18:45:09 | 18:45:09 | 18:45:09.325 | 18:45:09:325143