メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

HAS_SCHEMA_PRIVILEGE

ユーザーが、指定されたスキーマに対して指定された権限を持っている場合は、true を返します。権限の詳細については、「GRANT」を参照してください。

構文

注記

これはリーダーノード関数です。この関数は、ユーザー作成テーブル、STL または STV システムテーブル、SVV または SVL システムビューを参照する場合、エラーを返します。

Copy
has_schema_privilege( [ user, ] schema, privilege)

引数

user

スキーマに対する権限を検査するユーザーの名前。デフォルトでは、現在のユーザーが検査されます。

schema

権限に関連付けられているスキーマ。

privilege

検査する権限。有効な値は次のとおりです。

  • CREATE

  • USAGE

戻り型

CHAR 型または VARCHAR 型の文字列を返します。

次のクエリでは、GUEST ユーザーが PUBLIC スキーマに対して CREATE 権限を持っていることを確認します。

Copy
select has_schema_privilege('guest', 'public', 'create'); has_schema_privilege ---------------------- true (1 row)

このページの内容: