メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

QUOTE_LITERAL 関数

QUOTE_LITERAL 関数は、指定された文字列を引用符付き文字列として返します。これにより、SQL ステートメントで文字列リテラルとして使用できます。入力パラメータが数値である場合、QUOTE_LITERAL はそれを文字列として扱います。埋め込まれている一重引用符およびバックスラッシュは適宜、二重引用符に変更されます。

構文

Copy
QUOTE_LITERAL(string)

引数

string

入力パラメータは、CHAR 型または VARCHAR 型の文字列です。

戻り型

QUOTE_LITERAL 関数は、入力文字列のデータ型 (CHAR または VARCHAR) と同じデータ型の文字列を返します。

次の例は、CATID 列を引用符で囲んで返します。順序付けによって、この列が文字列として扱われることに注意してください。

Copy
select quote_literal(catid), catname from category order by 1,2; quote_literal | catname --------------+----------- '1' | MLB '10' | Jazz '11' | Classical '2' | NHL '3' | NFL '4' | NBA '5' | MLS '6' | Musicals '7' | Plays '8' | Opera '9' | Pop (11 rows)

このページの内容: