メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

RANDOM 関数

RANDOM 関数は、0.0~1.0 のランダム値を生成します。

構文

Copy
RANDOM()

戻り型

RANDOM は DOUBLE PRECISION 型の数値を返します。

使用に関する注意事項

SET コマンドでシード値を設定した後、RANDOM を呼び出すと、RANDOM が予測可能な順序で数値を生成します。

0~99 のランダム値を計算します。ランダムな数値が 0~1 である場合、このクエリは、0~100 のランダムな数値を生成します。

Copy
select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 24 (1 row)

次の例では、SET コマンドを使用して SEED 値を設定します。これにより RANDOM が、予測可能な順序で数値を生成します。

まず、SEED 値を最初に設定せずに、3 つの整数の乱数を返します。

Copy
select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 6 (1 row) select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 68 (1 row) select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 56 (1 row)

次に、SEED 値を .25 に設定して、さらに 3 つの整数の乱数を返します。

Copy
set seed to .25; select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 21 (1 row) select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 79 (1 row) select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 12 (1 row)

最後に、SEED 値を .25 にリセットして、RANDOM が前の 3 つの呼び出しと同じ結果を返すことを確認します。

Copy
set seed to .25; select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 21 (1 row) select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 79 (1 row) select cast (random() * 100 as int); int4 ------ 12 (1 row)