メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

REVERSE 関数

REVERSE 関数は、文字列に対して機能し、文字を逆順に返します。例えば、reverse('abcde')edcba を返します。この関数は、数値データ型と日付データ型に加え、文字データ型に対しても機能します。ただしほとんどの場合、文字列に対して実用的な値が生成されます。

構文

Copy
REVERSE ( expression )

引数

expression

文字反転のターゲットを表す文字、日付、タイムスタンプ、または数値のデータ型を使用した式。すべての式は、可変長文字列に暗黙的に変換されます。固定幅文字列の末尾の空白は無視されます。

戻り型

REVERSE は VARCHAR を返します。

USERS テーブルから、5 つの異なる都市名およびそれらに対応する反転した名前を選択します。

Copy
select distinct city as cityname, reverse(cityname) from users order by city limit 5; cityname | reverse ---------+---------- Aberdeen | needrebA Abilene | enelibA Ada | adA Agat | tagA Agawam | mawagA (5 rows)

文字列として変換された 5 つの販売 ID およびそれらに対応する反転した ID を選択します。

Copy
select salesid, reverse(salesid)::varchar from sales order by salesid desc limit 5; salesid | reverse --------+--------- 172456 | 654271 172455 | 554271 172454 | 454271 172453 | 354271 172452 | 254271 (5 rows)

このページの内容: