メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

STDDEV_SAMP および STDDEV_POP 関数

STDDEV_SAMP および STDDEV_POP 関数は、数値のセットの標本標準偏差と母集団標準偏差 (整数、10 進数、または浮動小数点) を返します。STDDEV_SAMP 関数の結果は、値の同じセットの標本分散の平方根に相当します。

STDDEV_SAMP および STDDEV は、同じ関数のシノニムです。

構文

Copy
STDDEV_SAMP | STDDEV ( [ DISTINCT | ALL ] expression) STDDEV_POP ( [ DISTINCT | ALL ] expression)

この式は整数、10 進数、または浮動小数点数データ型である必要があります。式のデータ型にかかわらず、この関数の戻り値の型は倍精度の数値です。

注記

標準偏差は浮動小数点演算を使用して計算されます。これはわずかに不正確である可能性があります。

使用に関する注意事項

標本標準偏差 (STDDEV または STDDEV_SAMP) が 1 つの値で構成される式に対して計算される場合、関数の結果は 0 ではなく、NULL になります。

次のクエリは VENUE テーブルの VENUESEATS 列の値の平均、続いて値の同じセットの標本標準偏差と母集団標準偏差を返します。VENUESEATS は INTEGER 列です。結果のスケールは 2 桁に減らされます。

Copy
select avg(venueseats), cast(stddev_samp(venueseats) as dec(14,2)) stddevsamp, cast(stddev_pop(venueseats) as dec(14,2)) stddevpop from venue; avg | stddevsamp | stddevpop -------+------------+----------- 17503 | 27847.76 | 27773.20 (1 row)

次のクエリは SALES テーブルの COMMISSION 列に標本標準偏差を返します。COMMISSION は DECIMAL 列です。結果のスケールは 10 桁に減らされます。

Copy
select cast(stddev(commission) as dec(18,10)) from sales; stddev ---------------- 130.3912659086 (1 row)

次のクエリは整数として COMMISSION 列の標本標準偏差をキャストします。

Copy
select cast(stddev(commission) as integer) from sales; stddev -------- 130 (1 row)

次のクエリは COMMISSION 列に標本標準偏差と標本分散の平方根の両方を返します。これらの計算の結果は同じです。

Copy
select cast(stddev_samp(commission) as dec(18,10)) stddevsamp, cast(sqrt(var_samp(commission)) as dec(18,10)) sqrtvarsamp from sales; stddevsamp | sqrtvarsamp ----------------+---------------- 130.3912659086 | 130.3912659086 (1 row)