メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

STL_CONNECTION_LOG

認証の試みと、接続および切断をログに記録します。

このテーブル はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
event character(50) 接続または認証イベント。
recordtime timestamp イベントが発生した時刻。
remotehost character(32) リモートホストの名前または IP アドレス。
remoteport character(32) リモートホストのポート番号。
pid integer ステートメントに関連付けられるプロセス ID。
dbname character(50) データベース名。
username character(50) ユーザー名。
authmethod character(32) 認証方法。
duration integer 接続時間 (マイクロ秒)。
sslversion character(50) Secure Sockets Layer (SSL) バージョン。
sslcipher character(128) SSL 暗号。
mtu integer 最大送信単位 (MTU)。
sslcompression character(64) SSL 圧縮タイプ。
sslexpansion character(64) SSL 拡張タイプ。

サンプルクエリ

オープン接続の詳細を表示するには、次のクエリを実行します。

Copy
select recordtime, username, dbname, remotehost, remoteport from stl_connection_log where event = 'initiating session' and pid not in (select pid from stl_connection_log where event = 'disconnecting session') order by 1 desc; recordtime | username | dbname | remotehost | remoteport --------------------+-------------+------------+---------------+--------------------------------- 2014-11-06 20:30:06 | rdsdb | dev | [local] | 2014-11-06 20:29:37 | test001 | test | 10.49.42.138 | 11111 2014-11-05 20:30:29 | rdsdb | dev | 10.49.42.138 | 33333 2014-11-05 20:28:35 | rdsdb | dev | [local] | (4 rows)

以下の例は、失敗した認証の試みと、成功した接続および切断を反映しています。

Copy
select event, recordtime, remotehost, username from stl_connection_log order by recordtime; event | recordtime | remotehost | username -----------------------+---------------------------+--------------+--------- authentication failure | 2012-10-25 14:41:56.96391 | 10.49.42.138 | john authenticated | 2012-10-25 14:42:10.87613 | 10.49.42.138 | john initiating session | 2012-10-25 14:42:10.87638 | 10.49.42.138 | john disconnecting session | 2012-10-25 14:42:19.95992 | 10.49.42.138 | john (4 rows)

このページの内容: