メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

STL_HASH

ハッシュを実行するステップをクエリについて分析します。

このテーブル はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できます。通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
query integer クエリ ID。クエリ列は、他の各種システムテーブルおよびビューを結合するために使用できます。
slice integer クエリが実行されているスライスを識別する番号。
segment integer クエリセグメントを識別する番号。
step integer 実行されたクエリステップ。
starttime timestamp UTC で表されたクエリの実行開始時刻。秒の小数部の精度(6 桁)を使用します。例: 2009-06-12 11:29:19.131358.
endtime timestamp UTC で表されたクエリの実行終了時刻。秒の小数部の精度(6 桁)を使用します。例: 2009-06-12 11:29:19.131358.
tasknum integer ステップの実行に割り当てられたクエリタスクプロセスの数。
rows bigint 処理された合計行数。
bytes bigint ステップのすべての出力行のサイズ (バイト単位)。
slots integer ハッシュバケットの総数。
occupied integer レコードが含まれているスロットの総数。
maxlength integer 最も大きなスロットのサイズ。
tbl integer テーブル ID。
is_diskbased character(1) true (t) の場合、クエリはディスクベースの操作として実行されました。false (f) の場合、クエリはメモリ内で実行されました。
workmem bigint ステップに割り当てられた作業メモリの総バイト数。
num_parts integer ハッシュステップでハッシュテーブルが分割された後のパーティションの総数。ハッシュテーブルは、全体がメモリ内に収まらない可能性があると判断されると、パーティション分割されます。
est_rows bigint ハッシュされる行数の推定値。
num_blocks_permitted integer This information is for internal use only.
row_dist_variance integer This information is for internal use only.

サンプルクエリ

次の例では、クエリ 720 のハッシュで使用されたパーティションの数に関する情報が返され、ディスク上で実行されたステップがないことが示されます。

Copy
select slice, rows, bytes, occupied, workmem, num_parts, est_rows, num_blocks_permitted from stl_hash where query=720 and segment=5 order by slice;
Copy
slice | rows | bytes | occupied | workmem | num_parts | est_rows | num_blocks_permitted -------+------+--------+----------+----------+-----------+----------+---------------------- 0 | 145 | 585800 | 1 | 88866816 | 16 | 1 | 52 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 16 | 1 | 52 (2 rows)

このページの内容: