メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

STL_REPLACEMENTS

無効な UTF-8 文字が COPY コマンドの ACCEPTINVCHARS オプションによって置き換えられたときのログを表示します。STL_REPLACEMENTS へのログのエントリは、少なくとも 1 つの置き換えが必要だった各ノードスライスについて、それぞれ最初の 100 行について 1 件追加されます。

このテーブル はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できます。通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
query integer クエリ ID。クエリ列は、他の各種システムテーブルおよびビューを結合するために使用できます。
slice integer 置き換えが発生したノードスライス番号。
tbl integer テーブル ID。
starttime timestamp UTC で表された COPY コマンドの開始時刻。
session integer COPY コマンドを実行するセッションのセッション ID。
filename character(256) COPY コマンドの入力ファイルへの完全なパス。
line_number bigint 入力データファイル内で無効な UTF-8 文字を含んでいた行の番号。
colname character(127) 無効な UTF-8 文字を含んでいた最初のフィールド。
raw_line character(1024) 無効な UTF-8 文字を含んでいた生のロードデータ。

サンプルクエリ

次の例は、最後に実行された COPY 操作で置き換えられた文字を返します。

Copy
select query, session, filename, line_number, colname from stl_replacements where query = pg_last_copy_id(); query | session | filename | line_number | colname ------+---------+-----------------------------------+-------------+-------- 96 | 6314 | s3://mybucket/allusers_pipe.txt | 251 | city 96 | 6314 | s3://mybucket/allusers_pipe.txt | 317 | city 96 | 6314 | s3://mybucket/allusers_pipe.txt | 569 | city 96 | 6314 | s3://mybucket/allusers_pipe.txt | 623 | city 96 | 6314 | s3://mybucket/allusers_pipe.txt | 694 | city ...

このページの内容: