メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

STL_UNDONE

元に戻されたトランザクションに関する情報を表示します。

このテーブル はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できます。通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
xact_id bigint 元に戻すトランザクションの ID。
xact_id_undone bigint 元に戻されたトランザクションの ID。
undo_start_ts timestamp 元に戻すトランザクションの開始時刻。
undo_end_ts timestamp 元に戻すトランザクションの終了時刻。
table_id bigint 元に戻すトランザクションの影響を受けるテーブルの ID。

サンプルクエリ

元に戻されたすべてのトランザクションの簡潔なログを表示するには、次のコマンドを入力します。

Copy
select xact_id, xact_id_undone, table_id from stl_undone;

このコマンドは、次のサンプル出力を返します。

Copy
xact_id | xact_id_undone | table_id ---------+----------------+---------- 1344 | 1344 | 100192 1326 | 1326 | 100192 1551 | 1551 | 100192 (3 rows)