メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

STL_USERLOG

データベースユーザーに対する次の変更の詳細を記録します。

  • ユーザーの作成

  • ユーザーの削除

  • ユーザーの変更 (名前の変更)

  • ユーザーの変更 (プロパティの変更)

このテーブル はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer 変更の影響を受けるユーザーの ID。
username character(50) 変更の影響を受けるユーザーのユーザー名。
oldusername character(50) 名前の変更アクションの場合、以前のユーザー名。その他のアクションの場合、このフィールドは空です。
action character(10) 実行されたアクション。有効な値:
  • Alter

  • 作成

  • Drop

  • Rename

usecreatedb integer true (1) の場合、ユーザーに create database 権限があることを示します。
usesuper integer true (1) の場合、ユーザーがスーパーユーザーであることを示します。
usecatupd integer true (1) の場合、ユーザーはシステムカタログを更新できることを示します。
valuntil timestamp パスワードが失効する日付。
pid integer プロセス ID。
xid bigint トランザクション ID。
recordtime timestamp UTC で表されたクエリの開始時間。

サンプルクエリ

次の例は、4 つのユーザーアクションを実行してから、STL_USERLOG テーブルをクエリします。

Copy
create user userlog1 password 'Userlog1'; alter user userlog1 createdb createuser; alter user userlog1 rename to userlog2; drop user userlog2; select userid, username, oldusername, action, usecreatedb, usesuper from stl_userlog order by recordtime desc;

Copy
userid | username | oldusername | action | usecreatedb | usesuper --------+-----------+-------------+---------+-------------+---------- 108 | userlog2 | | drop | 1 | 1 108 | userlog2 | userlog1 | rename | 1 | 1 108 | userlog1 | | alter | 1 | 1 108 | userlog1 | | create | 0 | 0 (4 rows)

このページの内容: