メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

STV_WLM_SERVICE_CLASS_STATE

サービスクラスの現在の状態を表示します。

STV_WLM_SERVICE_CLASS_STATE はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
service_class integer サービスクラスの ID。サービスクラスは WLM 設定で定義されます。
num_queued_queries integer 現在キュー内にあるクエリの数。
num_executing_queries integer 現在実行中のクエリの数。
num_serviced_queries integer サービスクラスにこれまで存在したクエリの数。
num_executed_queries integer Amazon Redshift が初期化されてから実行されたクエリの数。
num_restarted_queries integer Amazon Redshift が初期化されてから再開されたクエリの数。

サンプルクエリ

サービスクラス 1~4 は Amazon Redshift によって内部的に使用され、サービスクラス 5 は専用スーパーユーザーキューのために予約されています。次のクエリでは、5 以上のサービスクラスの状態を表示します。これらは WLM クエリキューです。

Copy
select service_class, num_executing_queries, num_executed_queries from stv_wlm_service_class_state where service_class > 5 order by service_class;
Copy
service_class | num_executing_queries | num_executed_queries ---------------+-----------------------+---------------------- 6 | 1 | 222 7 | 0 | 135 8 | 1 | 39 (3 rows)

このページの内容: