メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

SVL_QLOG

SVL_QLOG ビューにはデータベースに対して実行されたすべてのクエリのログが含まれます。

Amazon Redshift は STL_QUERY テーブルから取得した情報の読み取り可能なサブセットとして SVL_QLOG ビューを作成します。このテーブルを使用して最近実行されたクエリのクエリ ID を検索したり、クエリが完了するまでにかかった時間を確認します。

SVL_QLOG はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できます。通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
query integer クエリ ID。他の各種システムテーブルおよびビューを結合するために使用できます。
xid bigint トランザクション ID。
pid integer クエリに関連付けられたプロセス ID。
starttime timestamp ステートメントの実行が開始された正確な時間。秒の小数部の精度 (6 桁) を使用します。例: 2009-06-12 11:29:19.131358
endtime timestamp ステートメントの実行が終了した正確な時間。秒の小数部の精度 (6 桁) を使用します。例: 2009-06-12 11:29:19.193640
elapsed bigint クエリの実行にかかった時間の長さ (マイクロ秒)。
aborted integer クエリがシステムによって中断されたかユーザーによってキャンセルされた場合、この列は 1 になります。クエリが最後まで実行された場合、この列は 0 になります。ワークロードを管理する目的で中断された (その後、再開された) クエリも、この列の値が 1 になります。
label character(30) クエリを実行するために使用される名前、または SET QUERY_GROUP コマンドによって定義されるラベル。クエリがファイルベースでないか、QUERY_GROUP パラメータが設定されていない場合、このフィールドの値は default になります。
substring character(60) 切り捨てられたクエリのテキスト。

サンプルクエリ

次の例では、userid = 100 のユーザーが実行した最近の 5 つのデータベースクエリのクエリ ID、実行時間、および切り捨てられたクエリテキストを返します。

Copy
select query, pid, elapsed, substring from svl_qlog where userid = 100 order by starttime desc limit 5; query | pid | elapsed | substring --------+-------+----------+----------------------------------------------- 187752 | 18921 | 18465685 | select query, elapsed, substring from svl_... 204168 | 5117 | 59603 | insert into testtable values (100); 187561 | 17046 | 1003052 | select * from pg_table_def where tablename... 187549 | 17046 | 1108584 | select * from STV_WLM_SERVICE_CLASS_CONFIG 187468 | 17046 | 5670661 | select * from pg_table_def where schemaname... (5 rows)

次の例では、キャンセルされたクエリ (aborted=1) の SQL スクリプト名 (LABEL 列) と経過時間を返します。

Copy
select query, elapsed, label from svl_qlog where aborted=1; query | elapsed | label -------+---------+-------------------------------- 16 | 6935292 | alltickittablesjoin.sql (1 row)

このページの内容: