メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

SVL_VACUUM_PERCENTAGE

SVL_VACUUM_PERCENTAGE ビューはバキューム処理の実行後にテーブルに割り当てられるデータブロックのパーセントを示します。このパーセント数は再利用されたディスクスペースの量を示します。バキューム処理ユーティリティの詳細については、VACUUM コマンドを参照してください。

SVL_VACUUM_PERCENTAGE はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
xid bigint vacuum ステートメントのトランザクション ID。
table_id integer バキューム処理されたテーブルのテーブル ID。
割合(%) bigint バキューム処理後のデータブロックのパーセント (バキューム処理が実行される前のテーブルのブロック数との相対値)。

サンプルクエリ

次のクエリは、テーブル 100238 での具体的な処理のパーセントを示します。

Copy
select * from svl_vacuum_percentage where table_id=100238 and xid=2200; xid | table_id | percentage -----+----------+------------ 1337 | 100238 | 60 (1 row)

バキューム処理後、テーブルには元のブロックの 60% が含まれます。

このページの内容: