メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

SVV_INTERLEAVED_COLUMNS

インターリーブソートキーを使用するテーブルで、VACUUM REINDEX を使用してインデックスを再作成するかどうか決定するために、SVV_INTERLEAVED_COLUMNS ビューを使用します。VACUUM と VACUUM REINDEX を実行する頻度とタイミングを決定する方法の詳細については、「バキューム処理時間の管理」を参照してください。

SVV_INTERLEAVED_COLUMNS はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
tbl integer テーブル ID。
col integer 列のゼロベースインデックス。
interleaved_skew numeric(19,2) テーブルのインターリーブソートキー列にある分散の量を示す比率。値 1.00 は分散がないことを示し、それ以上の値は、値が大きくなるほど大きな分散があることを示します。大きな分散のあるテーブルでは、VACUUM REINDEX コマンドでインデックスを再作成する必要があります。
last_reindex timestamp 指定されたテーブルに対して VACUUM REINDEX が実行された最終日時。この値は、VACUUM REINDEX を使用してテーブルのインデックスが再作成されていない場合は NULL になります。

サンプルクエリ

インデックスの再作成が必要である可能性があるテーブルを識別するには、以下のクエリを実行します。

Copy
select tbl as tbl_id, stv_tbl_perm.name as table_name, col, interleaved_skew, last_reindex from svv_interleaved_columns, stv_tbl_perm where svv_interleaved_columns.tbl = stv_tbl_perm.id and interleaved_skew is not null; tbl_id | table_name | col | interleaved_skew | last_reindex --------+------------+-----+------------------+-------------------- 100068 | lineorder | 0 | 3.65 | 2015-04-22 22:05:45 100068 | lineorder | 1 | 2.65 | 2015-04-22 22:05:45 100072 | customer | 0 | 1.65 | 2015-04-22 22:05:45 100072 | lineorder | 1 | 1.00 | 2015-04-22 22:05:45 (4 rows)