メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

TRIM 関数

TRIM 関数は、先頭および末尾の空白を削除するか、またはオプションで指定された文字列と一致する文字を削除することによって、文字列を切り捨てます。

構文

Copy
TRIM( [ BOTH ] ['characters' FROM ] string ] )

引数

characters

(オプション) 文字列から切り捨てられる文字。 このパラメータを省略すると、空白が切り捨てられます。

string

切り捨てる文字列。

戻り型

TRIM 関数は、VARCHAR 型または CHAR 型の文字列を返します。TRIM 関数を SQL コマンドで使用すると、Amazon Redshift が結果を暗黙的に VARCHAR に変換します。SQL 関数の SELECT リストで TRIM 関数を使用した場合は、Amazon Redshift が結果を暗黙的に変換しないため、データ型の不一致によるエラーを回避するために、変換の明示的な実行が必要になることがあります。明示的な変換については、CAST 関数および CONVERT 関数 および CONVERT 関数を参照してください。

次の例では、文字列 "dog" を囲む二重引用符を削除します。

Copy
select trim('"' FROM '"dog"'); btrim ------- dog (1 row)

このページの内容: