メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

FIRST_VALUE および LAST_VALUE ウィンドウ関数

順序付けられた行のセットとすると、FIRST_VALUE はウィンドウフレームの最初の行に関して指定された式の値を返します。LAST_VALUE 関数は、フレームの最後の行に関する式の値を返します。

構文

Copy
FIRST_VALUE | LAST_VALUE ( expression [ IGNORE NULLS | RESPECT NULLS ] ) OVER ( [ PARTITION BY expr_list ] [ ORDER BY order_list frame_clause ] )

引数

expression

関数の対象となる列または式。

IGNORE NULLS

このオプションが FIRST_VALUE で使用される場合、関数は NULL ではないフレームの最初の値 (値がすべて NULL の場合は NULL) を返します。このオプションが LAST_VALUE で使用される場合、関数は NULL ではないフレームの最後の値 (値がすべて NULL の場合は NULL) を返します。

RESPECT NULLS

Amazon Redshift は使用される行を決定するために Null 値を含める必要があることを示します。IGNORE NULLS を指定しない場合、RESPECT NULLS はデフォルトでサポートされます。

OVER

関数にウィンドウ句を導入します。

PARTITION BY expr_list

1 つ以上の式で関数のウィンドウを定義します。

ORDER BY order_list

各パーティション内の行をソートします。PARTITION BY 句が指定されていない場合、ORDER BY はテーブル全体をソートします。ORDER BY 句を指定する場合、frame_clause も指定する必要があります。

FIRST_VALUE および LAST_VALUE 関数の結果は、データの並び順によって異なります。以下の場合、結果は不確定になります。

  • ORDER BY 句が指定されておらず、パーティションに式に使用する 2 つの異なる値が含まれる場合

  • 式が ORDER BY リストの同じ値に対応する異なる値を検証する場合.

frame_clause

ORDER BY 句が集計関数に使用される場合、明示的なフレーム句が必要です。フレーム句は順序付けた結果の行のセットを含めるか除外して、関数のウィンドウの行のセットを絞り込みます。フレーム句は ROWS キーワードおよび関連する指定子で構成されます。「ウィンドウ関数の構文の概要」を参照してください。

データ型

これらの関数は、Amazon Redshift のデータ型を使用する式をサポートします。戻り値の型はの型と同じです。

FIRST_VALUE および LAST_VALUE ウィンドウ関数の例」を参照してください。

このページの内容: