メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

クエリプランステップの確認

EXPLAIN コマンドを実行して、クエリプランのステップを確認できます。次の例は、SQL クエリと、EXPLAIN コマンドによってそのクエリに生成されるクエリプランを示しています。クエリプランを最初から読むと、クエリを実行するのに必要な各論理操作について理解できます。詳細については、「クエリプラン」を参照してください。

Copy
explain select eventname, sum(pricepaid) from sales, event where sales.eventid = event.eventid group by eventname order by 2 desc;
Copy
XN Merge (cost=1002815366604.92..1002815366606.36 rows=576 width=27) Merge Key: sum(sales.pricepaid) -> XN Network (cost=1002815366604.92..1002815366606.36 rows=576 width=27) Send to leader -> XN Sort (cost=1002815366604.92..1002815366606.36 rows=576 width=27) Sort Key: sum(sales.pricepaid) -> XN HashAggregate (cost=2815366577.07..2815366578.51 rows=576 width=27) -> XN Hash Join DS_BCAST_INNER (cost=109.98..2815365714.80 rows=172456 width=27) Hash Cond: ("outer".eventid = "inner".eventid) -> XN Seq Scan on sales (cost=0.00..1724.56 rows=172456 width=14) -> XN Hash (cost=87.98..87.98 rows=8798 width=21) -> XN Seq Scan on event (cost=0.00..87.98 rows=8798 width=21)

次の図は、前述のクエリと関連するクエリプランを使用して、それらのクエリ操作がステップ、セグメント、ストリームにどのようにマッピングされるかを示しています。各クエリプラン操作は、セグメント内の複数のステップにマッピングされます。場合によっては、ストリーム内の複数のセグメントにマッピングされます。