メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

分散スタイルの指定

このセクションでは、分散スタイルの指定に関する検討事項と推奨事項にスタースキーマを例として使用しています。データベース設計は、スタースキーマに基づいている場合もあれば、スタースキーマの変形または完全に異なるスキーマに基づいている場合もあります。Amazon Redshift は、どのスキーマ設計とも効果的に連動するよう設計されています。このセクションで示す原則は、どの設計スキーマにも適用できます。

  1. すべてのテーブルのプライマリキーと外部キーを指定します。

    プライマリキーおよび外部キーの制約は、Amazon Redshift によって強制されることはありませんが、クエリプランの生成時にクエリオプティマイザによって使用されます。プライマリキーと外部キーを設定する場合は、アプリケーションがキーの有効性を維持する必要があります。

  2. ファクトテーブルとその最大のディメンションテーブルを共通の列に分散します。

    テーブルのサイズだけでなく、最も一般的な結合に関与しているデータセットのサイズにも基づいて、最大のディメンションを選択します。WHERE 句を使用したテーブルのフィルタリングが一般的に行われている場合は、そのテーブルの行の一部しか結合に関与しません。このようなテーブルが再分散に及ぼす影響は、より多くのデータを提供するサイズの小さなテーブルよりも小さくなります。ディメンションテーブルのプライマリキーとそれに対応するファクトテーブルの外部キーをいずれも DISTKEY として指定します。複数のテーブルが同じ分散キーを使用している場合、これらのテーブルはファクトテーブルともコロケーションされます。ファクトテーブルに指定できる分散キーは 1 つだけです。別のキーを使用して結合しているテーブルは、ファクトテーブルとコロケーションされません。

  3. 他のディメンションテーブルの分散キーを指定します。

    他のテーブルとの結合に最も一般的に使用される方法に応じて、プライマリキーまたは外部キーを使用してテーブルを分散させます。

  4. 一部のディメンションテーブルで ALL 分散を使用するよう変更すべきかどうかを評価します。

    ファクトテーブルやその他の重要な結合テーブルとディメンションテーブルをコロケーションできない場合は、テーブル全体を全ノードに分散させることによってパフォーマンスを大幅に向上させることができます。ALL 分散を使用すると、ストレージ領域要件の増大、ロード時間の長期化、メンテナンス操作の増加を招くため、ALL 分散を選択する前にすべての要因を比較検討しておく必要があります。次のセクションでは、EXPLAIN プランを評価することによって ALL 分散の適用候補を特定する方法について説明します。

  5. 残りのテーブルに EVEN 分散を使用します。

    テーブルがほとんど非正規化され、結合に関与していない場合や、別の分散スタイルとして何を選択すべきかが明らかでない場合は、EVEN 分散 (デフォルト) を使用します。

テーブルを作成した後でそのテーブルの分散スタイルを変更することはできません。別の分散スタイルを使用するには、テーブルを再作成して、新しいテーブルにディープコピーを挿入します。詳細については、「ディープコピーを実行する」を参照してください。