メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

クエリパターンの評価

分散スタイルの選択は、データベース設計の 1 つの側面にすぎません。分散スタイルをシステム全体との関係で検討し、クラスターサイズ、圧縮エンコード方法、ソートキー、テーブル制約などの他の重要な要因と分散の間でバランスを取ることが必要です。

できる限り実際のデータに近いデータを使用してシステムをテストします。

分散スタイルに対して適切な選択を行うために、Amazon Redshift アプリケーションのクエリパターンを理解しておく必要があります。システム内で最もコストの大きいクエリを特定し、それらのクエリの要求に基づいてデータベースの初期設計を行います。クエリの総コストを決定する要因には、クエリの実行に要する時間、クエリによって使用されるコンピューティングリソースの量、クエリの実行頻度、他のクエリやデータベース処理に及ぼす影響の度合いなどがあります。

最もコストの大きいクエリによって使用されるテーブルを特定し、クエリ実行におけるそれらのテーブルの役割を評価します。テーブルの結合および集計方法を検討します。

このセクションに示すガイドラインに従って、各テーブルの分散スタイルを選択します。それが完了したら、テーブルを作成し、実際のデータにできるだけ近いデータをテーブルにロードして、使用する予定のクエリのタイプでテーブルをテストします。クエリの説明プランを評価して、調整の余地を特定できます。ロード時間、ストレージ領域、およびクエリ実行時間を比較して、システムの全体的な要件のバランスを取ります。