メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

ステップ 6: データベースにバキューム操作を実行し、分析する

相当数の行を追加、削除、変更するたびに、VACUUM コマンドを実行してから ANALYZE コマンドを実行する必要があります。バキューム操作によって、削除された行から領域を回復し、ソート順序を復元します。ANALYZE コマンドは統計メタデータを更新し、クエリオプティマイザがさらに正確なクエリプランを生成できるようにします。詳細については、「テーブルのバキューム処理」を参照してください。

ソートキー順序でデータをロードする場合、バキューム処理は高速です。このチュートリアルでは、かなりの行数を追加しましたが、空のテーブルに追加しました。このような場合、再ソートは必要ではなく、行を削除していません。COPY は空のテーブルをロードした後に自動的に統計を更新するため、統計は最新の状態になっているはずです。ただし、適切なハウスキーピング処理の問題として、データベースにバキューム操作を実行し、分析することで、このチュートリアルを完了します。

データベースにバキューム操作を実行し、分析するには、次のコマンドを実行します。

Copy
vacuum; analyze;

次のステップ

ステップ 7: リソースをクリーンアップする

このページの内容: