メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012年12月1日)

概要

このチュートリアルでは、テーブルの設計のベストプラクティスを適用することで、テーブルの設計を最適化する方法について説明しました。

以下のベストプラクティスに基づいて、SSB テーブルのソートキーを選択しました。

  • 最新のデータが最も頻繁にクエリ処理される場合は、タイムスタンプ列をソートキーの主要な列として指定します。

  • 1 つの列に対して範囲フィルタリングまたは等価性フィルタリングを頻繁に実行する場合は、その列をソートキーとして指定します。

  • (ディメンション) テーブルを頻繁に結合する場合は、結合列をソートキーとして指定します。

以下のベストプラクティスを適用して、テーブルの分散を向上させました。

  • ファクトテーブルと 1 つのディメンションテーブルをそれらの共通の列に基づいて分散させます。

  • ALL 分散を使用するように一部のディメンションテーブルを変更します。

テーブルへの圧縮の影響を評価し、自動圧縮を使用すると通常、最良の結果が得られると判断しました。

詳細については、以下のリンクを参照してください。

次のステップ

次のステップについて、まだ実行していない場合は、「チュートリアル: Amazon S3 からデータをロードする」に進むことをお勧めします。

このページの内容: