メニュー
Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API Version 2012-12-01)

マージ済みの行のボリューム管理

バキューム操作で新しい行をテーブルのソート済みリージョンにマージする必要がある場合、バキュームに必要な時間はテーブルが大きくなるにつれて長くなります。マージが必要な行の数を少なくすると、バキュームのパフォーマンスが向上します。

バキューム処理前のテーブルは、最初にソート済みリージョン、その後ろに未ソートのリージョンで構成され、未ソート領域は行の追加または更新が行われると大きくなります。COPY 操作で行のセットが追加された場合、新しい行のセットは、テーブルの最後の未ソート領域に追加されたときにソートキーでソートされます。新しい行は、未ソートリージョン内ではなく固有のセット内で順序付けされます。

次の図は、2 つの連続する COPY 操作後の未ソートのリージョンを示しています。ソートキーは CUSTID です。分かりやすいように、この例では複合ソートキーを示していますが、インターリーブテーブルにより未ソートリージョンの影響が大きくならなければ、同じ原則はインターリーブソートキーにも当てはまります。

バキュームにより、2 つのステージでテーブルのソート順が元に戻ります。

  1. 未ソートのリージョンを新しくソートされたリージョンにソートします。

    最初のステージでは未ソートのリージョンのみが書き換えられるため、比較的低コストです。新しくソートされたリージョンのソートキーの値の範囲が既存の範囲を超えた場合、新しい行のみを書き換える必要があり、バキュームは完了します。たとえば、ソート済みリージョンに 1 ~ 500 の ID 値が含まれ、それ以降のコピー操作で追加されたキーの値が 500 を超えた場合は、未ソートのリージョンのみを書き換える必要があります。

  2. 新しくソートされたリージョンと前にソートされたリージョンをマージします。

    新しくソートされたリージョンのキーとソート済みリージョンのキーが重複する場合は、VACUUM で行をマージする必要があります。新しくソートされたリージョンの先頭から開始すると (最も低いソートキーで)、バキュームにより、前にソートされたリージョンおよび新しくソートされたリージョンからマージされた行が新しいブロックのセットに書き込まれます。

新しいソートキーの範囲と既存のソートキーが重複する範囲により、再度書き込む必要のあるソート済みリージョンの範囲が決まります。未ソートのキーが既存のソート範囲全体に分散する場合は、バキュームにより、テーブルの既存部分を再度書き込む必要があります。

次の図は、テーブルに追加された行をバキュームによってソートおよびマージする方法を示しています。CUSTID はソートキーです。各コピー操作により、既存のキーと重複するキー値を持つ新しい行セットが追加されるため、テーブルのほぼ全体を再度書き込む必要があります。図に示されているのは単一のソートとマージですが、実際には、大規模なバキュームは一連の差分ソートおよびマージステップから成ります。

新しい行のセットのソートキーの範囲が既存のキーの範囲と重複する場合、マージステージのコストは、テーブルが大きくなると、テーブルサイズに比例して大きくなります。一方、ソートステージのコストは、未ソートリージョンのサイズに比例したままとなります。このような場合、次の図に示すように、マージステージのコストはソートステージのコストを上回ります。

テーブルのどれだけの部分が再マージされたかを特定するには、バキューム操作が完了した後で SVV_VACUUM_SUMMARY のクエリを行います。次のクエリは、CUSTSALES が時間の経過と共に大きくなったときに、6 回連続でバキュームを実行した場合の効果を示します。

Copy
select * from svv_vacuum_summary where table_name = 'custsales'; table_name | xid | sort_ | merge_ | elapsed_ | row_ | sortedrow_ | block_ | max_merge_ | | partitions | increments | time | delta | delta | delta | partitions -----------+------+------------+------------+------------+-------+------------+---------+--------------- custsales | 7072 | 3 | 2 | 143918314 | 0 | 88297472 | 1524 | 47 custsales | 7122 | 3 | 3 | 164157882 | 0 | 88297472 | 772 | 47 custsales | 7212 | 3 | 4 | 187433171 | 0 | 88297472 | 767 | 47 custsales | 7289 | 3 | 4 | 255482945 | 0 | 88297472 | 770 | 47 custsales | 7420 | 3 | 5 | 316583833 | 0 | 88297472 | 769 | 47 custsales | 9007 | 3 | 6 | 306685472 | 0 | 88297472 | 772 | 47 (6 rows)

merge_increments 列は、バキューム操作ごとにマージされたデータの量を示します。連続バキュームを超えるマージインクリメントの数がテーブルサイズの増加と比例して増えた場合、各バキューム操作により再マージされるテーブル行の数が増えることになります。既存のソート済みリージョンと新たにソートされるリージョンが重複するためです。