メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift での接続の設定

このセクションでは、SQL クライアントツールからクラスターに接続するように JDBC および ODBC 接続を設定する方法を学習できます。また、JDBC および ODBC 接続をセットアップする方法と、Secure Sockets Layer (SSL) およびサーバー証明書を使用してクライアント/サーバー間の通信を暗号化する方法について説明します。

Amazon Redshift の JDBC および ODBC ドライバー

クラスター内のデータを操作するには、クライアントコンピューターまたはインスタンスから接続できるようにするために JDBC または ODBC ドライバーが必要です。JDBC または ODBC データアクセス API を使用し、JDBC または ODBC をサポートする SQL クライアントツールを使用するようにアプリケーションを記述します。

Amazon Redshift では JDBC および ODBC ドライバーをダウンロードできます。以前、Amazon Redshift では JDBC および ODBC の代わりに PostgreSQL ドライバーが推奨されていました。現在 PostgreSQL ドライバーを使用している場合は、今後のためにも新しい Amazon Redshift 固有のドライバーに移行することを推奨します。JDBC および ODBC ドライバーをダウンロードし、クラスタへの接続を設定する方法の詳細については、「JDBC 接続を設定する」と「ODBC 接続を設定する」を参照してください。

クラスター接続文字列を検索する

SQL クライアントツールでクラスターに接続するには、クラスター接続文字列が必要です。クラスター接続文字列は、Amazon Redshift コンソールのクラスターの設定ページにあります。

To get your cluster connection string

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. On the Clusters page, click the name of the cluster for which you want to get the connection string.

  3. On the cluster's Configuration tab, under JDBC URL or ODBC URL, copy the connection string.

    The following example shows the connection strings of a cluster launched in the US West region. If you launched your cluster in a different region, the connection strings will be based that region's endpoint.