メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

psql ツールを使用してクラスターに接続する

Amazon Redshift クラスターを作成したら、psql (PostgreSQL のターミナル型フロントエンド) を使ってクラスターのデータにクエリを発行することができます。クエリはインタラクティブに入力することも、ファイルから読み取ることもできます。psql から接続するには、クラスターのエンドポイント、データベース、ポートを指定する必要があります。

注記

psql ツールは、Amazon Redshift から提供されるのではなく PostgreSQL とともにインストールされます。psql の使用については、http://www.postgresql.org/docs/8.4/static/app-psql.html を参照してください。PostgreSQL クライアントツールのインストール方法については、http://www.postgresql.org/download/ の PostrgreSQL バイナリダウンロードページから、該当するオペレーティングシステムを選択します。

psql のデフォルト設定を使用して接続する

デフォルトでは、psql は Amazon Redshift サービスを検証せず、Secure Sockets Layer (SSL) を使用して暗号化された接続を作成します。

To connect by using psql defaults

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the left navigation pane, click Clusters. Click your cluster to open it. Under Cluster Database Properties, record the values of Endpoint, Port, and Database Name.

  3. At a command prompt, specify the connection information by using either command line parameters or a connection information string. To use parameters:

    Copy
    psql -h <endpoint> -U <userid> -d <databasename> -p <port>

    Where:

    • <endpoint> is the Endpoint you recorded in the previous step.

    • <userid> is a user ID with permissions to connect to the cluster.

    • <databasename> is the Database Name you recorded in the previous step.

    • <port> is the Port you recorded in the previous step.

    For example:

    Copy
    psql -h examplecluster.<XXXXXXXXXXXX>.us-west-2.redshift.amazonaws.com -U masteruser -d dev -p 5439
  4. At the psql password prompt, enter the password for the <userid> user.

これでクラスターに接続されるので、コマンドをインタラクティブに入力できます。

証明書を使って接続する

psql で証明書を使ってサービスを認証するかどうかを制御するには、接続情報文字列を使って接続情報を指定し、sslmode キーワードを指定する必要があります。デフォルトでは、psql は sslmode=prefer で動作しています。psql で暗号化接続を開いて Amazon Redshift 証明書を使ってサービスを検証するよう指定するには、Amazon Redshift 証明書をコンピューターにダウンロードし、sslmode=verify-ca を指定して証明書の場所と sslrootcert を指定します。sslmode の詳細については、「接続のセキュリティオプションを設定する」を参照してください。

接続情報文字列のパラメータの詳細については、http://www.postgresql.org/docs/8.4/static/libpq-connect.html を参照してください。

To connect by using a certificate

  1. Save the public key from https://s3.amazonaws.com/redshift-downloads/redshift-ssl-ca-cert.pem as a .pem file to your computer. If you do a File\Save as using Internet Explorer, specify the file type as Text file (*.txt) and delete the .txt extension. For example, save it as the file C:\MyDownloads\redshift-ssl-ca-cert.pem.

  2. In the Amazon Redshift console, select the cluster to display the Cluster Database Properties. Record the values displayed in the Endpoint, Port, and Database Name fields.

  3. At a command prompt, specify the connection information using a connection information string:

    Copy
    psql "host=<endpoint> user=<userid> dbname=<databasename> port=<port> sslmode=verify-ca sslrootcert=<certificate>"

    Where:

    • <endpoint> is the Endpoint you recorded in the previous step.

    • <userid> is a user ID with permissions to connect to the cluster.

    • <databasename> is the Database Name you recorded in the previous step.

    • <port> is the Port you recorded in the previous step.

    • <certificate> is the full path to the certificate file. On Windows systems, the certificate path must be specified using Linux-style / separators instead of the Windows \ separator.

    For example:

    Copy
    psql "host=examplecluster.<XXXXXXXXXXXX>.us-west-2.redshift.amazonaws.com user=masteruser dbname=dev port=5439 sslmode=verify-ca sslrootcert=C:/MyDownloads/redshift-ssl-ca-cert.pem"
  4. At the psql password prompt, enter the password for the <userid> user.

これでクラスターに接続されるので、コマンドをインタラクティブに入力できます。