メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

SQL Workbench/J を使用するクラスターに接続する

Amazon Redshift には SQL クライアントツールまたはライブラリが用意またはインストールされていないため、クラスターで使用するものをインストールする必要があります。既に、標準の PostgreSQL JDBC または ODBC ドライバーでクラスターに接続するビジネスインテリジェンスアプリケーションやその他のアプリケーションがある場合は、このセクションはスキップしてかまいません。クラスターに接続できるアプリケーションがまだない場合、このセクションでは SQL Workbench/J の DBMS に依存しない無料クロスプラットフォーム SQL クエリツールを使用してクラスターに接続する 1 つのオプションについて説明します。

SQL Workbench/J をインストールする

Amazon Redshift 入門ガイド では SQL Workbench/J が使用されています。このセクションでは、SQL Workbench/J を使用してクラスターに接続する方法を詳しく説明します。

To install SQL Workbench/J

  1. Review the SQL Workbench/J software license.

  2. Go to the SQL Workbench/J website and download the appropriate package for your operating system on your client computer or Amazon EC2 instance.

  3. Go to the Installing and starting SQL Workbench/J page. Follow the instructions for installing SQL Workbench/J on your system.

    注記

    SQL Workbench/J requires the Java Runtime Environment (JRE) be installed on your system. Ensure you are using the correct version of the JRE required by the SQL Workbench/J client. To determine which version of the Java Runtime Environment is running on your system, do one of the following:

    • Mac: In the System Preferences, click the Java icon.

    • Windows: In the Control Panel, click the Java icon.

    • Any system: In a command shell, type java -version. You can also visit http://www.java.com, click the Do I Have Java? link, and click on the Verify Java button.

    For information about installing and configuring the Java Runtime Environment, go to http://www.java.com.

SQL Workbench/J で JDBC 接続を介してクラスターに接続する

重要

この手順のステップを実行する前に、クライアントコンピューターまたは Amazon EC2 インスタンスに推奨される Amazon Redshift JDBC ドライバーがあることを確認します。最新のドライバーをダウンロードするリンクについては、「Amazon Redshift JDBC ドライバーをダウンロードします。」を参照してください。

To use a JDBC connection in SQL Workbench/J

  1. Open SQL Workbench/J.

  2. Click File, and then click Connect window.

  3. Click Create a new connection profile.

  4. In the New profile box, type a name for the profile. For example, examplecluster_jdbc.

  5. Click Manage Drivers. The Manage Drivers dialog opens. In the Name box, type a name for the driver.

    Click the folder icon next to the Library box, navigate to the location of the driver, click it, and then click Open.

    If the Please select one driver dialog box displays, select com.amazon.redshift.jdbc4.Driver or com.amazon.redshift.jdbc41.Driver and click OK. SQL Workbench/J automatically completes the Classname box. Leave the Sample URL box blank, and then click OK.

  6. In the Driver box, select the driver you just added.

  7. In URL, copy the JDBC URL from the Amazon Redshift console and paste it here.

    For more information about finding the JDBC URL, see JDBC 接続を設定する.

  8. In Username, type the name of the master user.

    If you are following the Amazon Redshift 入門ガイド, type masteruser.

  9. In Password, type the password associated with the master user account.

  10. Select the Autocommit box.

  11. Click the Save profile list icon, as shown below:

  12. Click OK.

SQL Workbench/J 接続をテストする

JDBC または ODBC 接続を設定すると、サンプルクエリを実行することで接続をテストできます。

  1. You can use the following query to test your connection.

    Copy
    select * from information_schema.tables;

    If your connection is successful, a listing of records appears in the Results tab.

  2. Alternatively, if you loaded the sample tables and data from the Amazon Redshift 入門ガイド, you can test your connection by typing the following query into the Statement window:

    Copy
    select * from users order by userid limit 100;

    If your connection is successful, a listing of records appears in the Results tab.