メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012年12月1日)

データベースユーザー認証情報を作成するための JDBC および ODBC のオプション

Amazon Redshift JDBC または ODBC ドライバーを使用してデータベースユーザー認証情報を作成するには、JDBC または ODBC オプションとしてデータベースユーザー名を指定します。オプションで、存在しない場合は新しいデータベースユーザーをドライバーで作成し、ユーザーがログオン時に参加するデータベースユーザーグループのリストを指定できます。

ID プロバイダ (IdP) を使用する場合は、IdP 管理者と連携して、これらのオプションに合った正しい値を確認します。IdP 管理者は、JDBC または ODBC のオプションとして提供する必要がない場合、それらのオプションを提供するように IdP を設定できます。詳細については、「IdP の SAML アサーションを設定する」を参照してください。

次の表は、データベースユーザー認証情報を作成するためのオプションを示しています。

オプション

説明
DbUser

データベースユーザーの名前。DbUser というユーザーがデータベースに存在する場合、一時的ユーザー認証情報のアクセス許可は、既存のユーザーと同じになります。DbUser がデータベースに存在せず、AutoCreate が true の場合、DbUser という名前の新しいユーザーが作成されます。必要に応じて、既存ユーザーのパスワードを無効にします。詳細については、「ALTER_USER」を参照してください。

AutoCreate

DbUser に指定した名前でデータベースユーザーを作成するには (存在しない場合)、true を指定します。デフォルト: false。

DbGroups データベースユーザーが現在のセッションで参加する既存のデータベースグループの名前のカンマ区切りリスト。デフォルトでは、新しいユーザーは PUBLIC のみに追加されます。