メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Amazon Redshift コンソールを使用してイベント通知を管理する

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) イベント通知サブスクリプションを作成すると、特定の Amazon Redshift クラスター、スナップショット、セキュリティグループ、またはパラメーターグループにイベントが発生したときに通知を送信できます。これらの通知は SNS トピックに送信され、トピックにサブスクライブした SNS ユーザーに順番にメッセージが送信されます。ユーザーに送信される SNS メッセージは、AWS リージョンの Amazon SNS によりサポートされるどの形式の可能性もあります (メール、テキストメッセージ、HTTP エンドポイントへの呼び出し)。たとえば、すべてのリージョンでメール通知がサポートされますが、SMS 通知は 米国東部 (バージニア北部) リージョン でのみ作成できます。詳細については、「Amazon Redshift イベント通知」を参照してください。

このセクションでは、AWS マネジメントコンソール から Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを管理する方法について説明します。

イベント通知サブスクリプションを作成する

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. Amazon Redshift コンソールのナビゲーションペインで、[Events] をクリックし、[Subscriptions] をクリックします。

  3. [Subscriptions] ペインで、[Create Event Subscription] をクリックします。

  4. [Create Event Subscription] ダイアログボックスで、次の操作を行います。

    1. [Subscription Settings] ペインを使用して、イベントフィルタ条件を指定します。条件を選択すると、[Subscribed Events] リストに条件と一致する Amazon Redshift イベントが表示されます。次の作業を行います。

      1. [Categories] ボックスから 1 つ以上のカテゴリを選択します。すべてのカテゴリを指定するには、[Category] ボタンをクリックします。カテゴリのサブセットを選択するには、含めるカテゴリのボタンをクリックします。

      2. [Severity] ドロップダウンメニューからイベント重大度を選択します。[Any] を選択した場合、重大度が INFO または ERROR のイベントが発行されます。[Error] を選択した場合、重大度が ERROR のイベントだけが発行されます。

      3. [Source Type] ドロップダウンメニューからソースタイプを選択します。そのタイプのリソースによって生じたイベントだけが (クラスターやクラスターパラメーターグループなど) が、イベントサブスクリプションにより発行されます。

      4. [Resources] ドロップダウンメニューでは、[Source Type] が指定されているすべてのリソースからイベントを発行するか、サブセットのみから発行するかを指定します。指定されたタイプのすべてのリソースからイベントを発行するには、[Any] を選択します。特定のリソースを選択する場合は、[Choose Specific] を選択します。

        注記

        [Resource] ボックスの名前が、[Source Type] で指定された値に合わせて変更されます。たとえば、[Source Type] で [Cluster] を選択した場合、[Resources] ボックスの名前が [Clusters] に変わります。

        [Choose Specific] を選択した場合、イベントサブスクリプションによってイベントが発行される特定リソースの ID を指定できます。リソースを 1 つずつ指定し、イベントサブスクリプションに追加します。イベントサブスクリプションと同じリージョンにあるリソースのみ指定できます。指定したイベントは、[Specify IDs:] ボックスの下に表示されます。

        1. 既存のリソースを指定するには、[Specify IDs:] ボックスでリソースを見つけ、[Add] 列で [+] ボタンをクリックします。

        2. 作成前にリソースの ID を指定するには、[Specify IDs:] ボックスの下にあるボックスに ID を入力し、[Add] ボタンをクリックします。後で作成する場合は、この作業を行ってリソースを追加できます。

        3. イベントサブスクリプションから選択されたリソースを削除するには、リソースの右側にある [X] ボックスをクリックします。

    2. ペインの下部で、[Name] テキストボックスにイベント通知サブスクリプションの名前を入力します。

    3. サブスクリプションを有効にするには、[Yes] を選択します。サブスクリプションを作成するが、通知はまだ送信しない場合は、[No] を選択します。サブスクリプションが作成されると、この設定に関係なく確認メッセージが送信されます。

    4. [Next] を選択して Amazon SNS トピックの指定を続行します。

       サブスクリプションの設定
    5. サブスクリプションがイベントの発行を使用する Amazon SNS トピックを指定するには、3 つのタブのいずれかを使用します。

      1. リストから既存の Amazon SNS トピックを選択するには、[Use Existing Topic] タブを選択し、リストからトピックを選択します。

      2. 既存の Amazon SNS トピックを Amazon Resource Name (ARN) により指定するには、[Provide Topic ARN] タブを選択し、[ARN:] ボックスで ARN を指定します。Amazon SNS コンソールを使用して、Amazon SNS トピックの ARN を見つけることができます。

        1. AWS マネジメントコンソールにサインインした後、Amazon SNS コンソール (https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home) を開きます。

        2. [Navigation] ペインで、[Topics] を展開します。

        3. Amazon Redshift イベント サブスクリプションに含めるトピックをクリックします。

        4. [Topic Details] ペインで、[Topic ARN:] フィールドの値をコピーします。

      3. サブスクリプション作成操作により新しい Amazon SNS トピックも作成されるようにするには、[Create New Topic] タブを選択し、以下を実行します。

        1. [Name] テキストボックスにトピックの名前を入力します。

        2. 通知受信者ごとに、[Send] リストボックスで通知方法を選択して、[to] ボックスで有効なアドレスを指定し、[Add Recipient] をクリックします。[SMS] エントリは、米国東部 (バージニア北部) リージョン でのみ作成できます。

        3. 受信者を削除するには、[Remove] 列の赤色の X をクリックします。

           サブスクリプションの設定
  5. サブスクリプションを作成するには、[Create] をクリックします。サブスクリプションを作成しないで定義を削除するには、[Cancel] をクリックします。サブスクリプションの設定に戻るには、[前へ] をクリックします。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションをリストする

現在の Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションをリストできます。

現在の Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションをリストするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. Amazon Redshift ナビゲーションペインで、[Events] をクリックします。[Subscriptions] タブには、イベント通知サブスクリプションがすべて表示されます。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを変更する

サブスクリプションを作成すると、サブスクリプション名、ソース識別子、カテゴリ、トピック ARN を変更できます。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを変更するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. Amazon Redshift コンソールのナビゲーションペインで、[Events] をクリックし、[Subscriptions] をクリックします。

  3. [Subscriptions] ペインで、変更するサブスクリプションを選択し、[Modify] をクリックします。

  4. [Modify Event Subscription] ダイアログボックスで、次の操作を行います。

    1. [Subscription Settings] ペインを使用して、イベントフィルタ条件を変更します。条件を選択すると、[Subscribed Events] リストに条件と一致する Amazon Redshift イベントが表示されます。次の作業を行います。

      1. [Categories] ボックスから 1 つ以上のカテゴリを選択します。すべてのカテゴリを指定するには、[Category] ボタンをクリックします。カテゴリのサブセットを選択するには、含めるカテゴリのボタンをクリックします。

      2. [Severity] ドロップダウンメニューからイベント重大度を選択します。

      3. [Source Type] ドロップダウンメニューからソースタイプを選択します。

      4. [Source Type] ドロップダウンメニューからリソースの ID を選択します。指定されたリソースにより生じたイベントだけが、サブスクリプションにより発行されます。

    2. サブスクリプションを有効にするには、[Enabled] で [Yes] を選択します。サブスクリプションを無効にするには、[No] を選択します。

    3. [Next] を選択して Amazon SNS トピックの変更を続行します。

    4. サブスクリプションがイベントの発行を使用する Amazon SNS トピックを変更するには、3 つのタブのいずれかを使用します。

      1. リストから既存の Amazon SNS トピックを選択するには、[Use Existing Topic] タブを選択し、リストからトピックを選択します。

      2. 既存の Amazon SNS トピックを Amazon Resource Name (ARN) により指定するには、[Provide ARN] タブを選択し、[ARN:] ボックスで ARN を指定します。

      3. サブスクリプション作成操作により新しい Amazon SNS トピックも変更されるようにするには、[Create New Topic] タブを選択し、以下を実行します。

        1. [Name] テキストボックスにトピックの名前を入力します。

        2. 通知受信者ごとに、[Send] リストボックスで通知方法を選択して、[to] ボックスで有効なアドレスを指定し、[Add Recipient] をクリックします。[SMS] エントリは、米国東部 (バージニア北部) リージョン でのみ作成できます。

        3. 受信者を削除するには、[Remove] 列の赤色の X をクリックします。

  5. 変更を保存するには、[Modify] をクリックします。サブスクリプションを変更しないで変更を削除するには、[Cancel] をクリックします。サブスクリプションの設定に戻るには、[前へ] をクリックします。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションにソース識別子を追加する

既存のサブスクリプションにソース識別子 (イベントを生成する Amazon Redshift ソース) を追加できます。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションにソース識別子を追加するには

  1. サブスクリプションを変更するときに選択または選択解除することで、Amazon Redshift コンソールを使用してソース識別子を簡単に追加または削除できます。詳細については、「Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを変更する」を参照してください。

  2. 変更を保存するには、[Modify] をクリックします。サブスクリプションを変更しないで変更を削除するには、[Cancel] をクリックします。サブスクリプションの設定に戻るには、[前へ] をクリックします。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションからソース識別子を削除する

そのソースのイベントの通知を今後は受け取らない場合、サブスクリプションからソース識別子 (イベントを生成する Amazon Redshift ソース) を削除できます。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションからソース識別子を削除するには

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを削除する

不要になったサブスクリプションは削除できます。トピックへのすべてのサブスクライバは、サブスクリプションにより指定されたイベント通知を受け取らなくなります。

Amazon Redshift イベント通知サブスクリプションを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. Amazon Redshift コンソールのナビゲーションペインで、[Events] をクリックし、[Subscriptions] をクリックします。

  3. [Subscriptions] ペインで、削除するサブスクリプションをクリックします。

  4. [Delete] をクリックします。