メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

コンソールを使ったクラスターの管理

クラスターの作成、修正、サイズ変更、削除、再起動、バックアップを実行するには、Amazon Redshift console の [Clusters] セクションを使用できます。

リージョンにクラスターがないときに [Clusters] ページに移動すると、クラスターを起動するオプションが表示されます。次のスクリーンショットでは、リージョンは米国東部 (バージニア北部) リージョンで、このアカウントにクラスターはありません。

選択したリージョンに少なくとも 1 つのクラスターがあると、[Clusters] セクションに、アカウントのそのリージョンにあるすべてのクラスターに関する情報のサブセットが表示されます。次のスクリーンショットでは、選択したリージョンにこのアカウントで作成したクラスターが 1 つあります。

クラスターを展開すると、エンドポイントの詳細、クラスターとデータベースのプロパティ、タグなど、クラスターの詳細を表示することができます。次のスクリーンショットでは、examplecluster が展開され、クラスターに関する情報の概要が表示されています。

クラスターの作成

クラスターを作成する前に、このセクションの「概要」で情報を確認してください。

To create a cluster

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. Choose Launch Cluster.

  3. On the Cluster Details page, specify values for the following options, and then choose Continue.

    Cluster Identifier

    Type a unique name for your cluster.

    クラスター識別子は、次の条件を満たしている必要があります。

    • 1 ~ 63 文字の英数字またはハイフンを含める必要があります。

    • 英字は小文字を使用する必要があります。

    • 1 字目は文字である必要があります。

    • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

    • AWS アカウントのすべてのクラスター間で一意である必要があります。

    Database Name

    Type a name if you want to create a database with a custom name (for example, mydb). This field is optional. A default database named dev is created for the cluster whether or not you specify a custom database name.

    データベース名は、次の条件を満たしている必要があります。

    • 1 ~ 64 文字の英数字を使用する必要があります。

    • 小文字のみを使用する必要があります。

    • データベース名に予約語は使用できません。詳細については、『Amazon Redshift Database Developer Guide』の「予約語」を参照してください。

    Database Port

    Type a port number through which you will connect from client applications to the database. The port number must be included in the connection string when opening JDBC or ODBC connections to the databases in the cluster.

    ポート番号は、次の条件を満たしている必要があります。

    • すべて数字である必要があります。

    • 1150 ~ 65535 の範囲である必要があります。デフォルトのポート番号は 5439 です。

    • ファイアウォールの内側にいる場合は、受信接続を受け入れる開いているポートを指定する必要があります。

    Master User Name

    Type an account name for the master user of the database.

    マスターユーザー名は、次の条件を満たしている必要があります。

    • 1 ~ 128 文字の英数字を使用する必要があります。

    • 1 字目は文字である必要があります。

    • マスターユーザー名を予約語にすることはできません。詳細については、『Amazon Redshift Database Developer Guide』の「予約語」を参照してください。

    Master User Password and Confirm Password

    Type a password for the master user account, and then retype it to confirm the password.

    パスワードは以下の条件を満たす必要があります。

    • 8 ~ 64 文字の長さにする必要があります。

    • 最低 1 個の大文字を含める必要があります。

    • 最低 1 個の小文字を含める必要があります。

    • 少なくとも 1 つの数字を含める必要があります。

    • 表示可能な ASCII 文字 (ASCII コード 33~126) のうち、一重引用符、二重引用符、/、@、または空白を除く任意の文字を使用できます。

    In the following screenshot, examplecluster is the cluster identifier, no custom database name is specified, 5439 is the port, and masteruser is the master user name.

  4. On the Node Configuration page, specify values for the following options, and then choose Continue.

    Node Type

    Select a node type. When you select a node type, the page displays information that corresponds to the selected node type, such as CPU, Memory, Storage, and I/O Performance.

    Cluster Type

    Select a cluster type. When you do, the maximum number of compute nodes for the selected node and cluster type appears in the Maximum box, and the minimum number appears in the Minimum box.

    If you choose Single Node, you will have one node that shares leader and compute functionality.

    If you choose Multi Node, specify the number of compute nodes that you want for the cluster in Number of Compute Nodes.

    In the following screenshot, the dc1.large node type is selected for a Multi Node cluster with two compute nodes.

  5. On the Additional Configuration page, specify values for the following options, and then choose Continue.

    1. For Provide the optional additional configuration details below, configure the following options:

      Cluster Parameter Group

      Select a cluster parameter group to associate with the cluster. If you don't select one, the cluster uses the default parameter group.

      Encrypt Database

      Select whether you want to encrypt all data within the cluster and its snapshots. If you leave the default setting, None, encryption is not enabled. If you want to enable encryption, select whether you want to use AWS Key Management Service (AWS KMS) or a hardware security module (HSM), and then configure the related settings. For more information about encryption in Amazon Redshift, see Amazon Redshift データベース暗号化.

      • KMS

        Choose KMS if you want to enable encryption and use AWS KMS to manage your encryption key. In Master Key, choose (default) aws/redshift to use a default customer master key (CMK) or choose another key from your AWS account.

        注記

        If you want to use a key from another AWS account, choose Enter a key ARN from Master Key. Then type the ARN for the key to use. You must have permission to use the key. For more information about access to keys in AWS KMS, go to Controlling Access to Your Keys in the AWS Key Management Service Developer Guide.

        For more information about using AWS KMS encryption keys in Amazon Redshift, see Amazon Redshift での AWS KMS を使用したデータベース暗号化について.

      • HSM

        Choose HSM if you want to enable encryption and use a hardware security module (HSM) to manage your encryption key.

        If you choose HSM, select values from HSM Connection and HSM Client Certificate. These values are required for Amazon Redshift and the HSM to form a trusted connection over which the cluster key can be passed. The HSM connection and client certificate must be set up in Amazon Redshift before you launch a cluster. For more information about setting up HSM connections and client certificates, see Amazon Redshift でのハードウェアセキュリティモジュールを使用した暗号化について.

    2. For Configure Networking Options, you configure whether to launch your cluster in a virtual private cloud (VPC) or outside a VPC. The option you choose affects the additional options available in this section. Amazon Redshift uses the EC2-Classic and EC2-VPC platforms to launch clusters. Your AWS account determines which platform or platforms are available to you for your cluster. For more information, see Supported Platforms in the Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド.

      Choose a VPC

      To launch your cluster in a virtual private cloud (VPC), select the VPC you want to use. You must have at least one Amazon Redshift subnet group set up to use VPCs. For more information, see Amazon Redshift のクラスターサブネットグループ.

      To launch your cluster outside a VPC, choose Not in VPC. This option is available only to AWS accounts that support the EC2-Classic platform. Otherwise, you must launch your cluster in a VPC.

      Cluster Subnet Group

      Select the Amazon Redshift subnet group in which to launch the cluster.

      注記

      This option is available only for clusters in a VPC.

      Publicly Accessible

      Choose Yes to enable connections to the cluster from outside of the VPC in which you launch the cluster. Choose No if you want to limit connections to the cluster from only within the VPC.

      注記

      This option is available only for clusters in a VPC.

      Choose a Public IP Address

      If you set Publicly Accessible to Yes, choose No here to have Amazon Redshift to provide an Elastic IP (EIP) for the cluster, or choose Yes if you want to use an EIP that you have created and manage. If you have Amazon Redshift create the EIP, it is managed by Amazon Redshift.

      注記

      This option is available only for clusters in a VPC where Publicly Accessible is Yes.

      Elastic IP

      Select the EIP that you want to use to connect to the cluster from outside of the VPC.

      注記

      This option is available only for clusters in a VPC where Publicly Accessible and Choose a Public IP Address are Yes.

      Availability Zone

      Choose No Preference to have Amazon Redshift select the Availability Zone that the cluster will be created in. Otherwise, select a specific Availability Zone.

      Enhanced VPC Routing

      Choose Yes to enable Enhanced VPC Routing. Enhanced VPC Routing might require additional configuration. For more information, see Amazon Redshift 拡張された VPC のルーティング

    3. For Optionally, associate your cluster with one or more security groups, specify values for the following options:

      Cluster Security Groups

      Select an Amazon Redshift security group or groups for the cluster. By default, the selected security group is the default security group. For more information about cluster security groups, see Amazon Redshift クラスターセキュリティグループ.

      注記

      This option is only available if you launch your cluster in the EC2-Classic platform.

      VPC Security Groups

      Select a VPC security group or groups for the cluster. By default, the selected security group is the default VPC security group. For more information about VPC security groups, go to Security Groups for Your VPC in the Amazon VPC ユーザーガイド.

      注記

      This option is only available if you launch your cluster in the EC2-VPC platform.

    4. For Optionally create a basic alarm for this cluster, configure the following options, and then choose Continue:

      Create CloudWatch Alarm

      Choose Yes if you want to create an alarm that monitors the disk usage of your cluster, and then specify values for the corresponding options. Choose No if you don't want to create an alarm.

      Disk Usage Threshold

      Select a percentage of average disk usage that has been reached or exceeded at which the alarm should trigger.

      Use Existing Topic

      Choose No if you want to create a new Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) topic for this alarm. In the Topic box, edit the default name if necessary. For Recipients, type the email addresses for any recipients who should receive the notification when the alarm triggers.

      Choose Yes if you want to select an existing Amazon SNS topic for this alarm, and then in the Topic list, select the topic that you want to use.

  6. On the Review page, review the details of the cluster. If everything is satisfactory, choose Launch Cluster to start the creation process. Otherwise, choose Back to make any necessary changes, and then choose Continue to return to the Review page.

    注記

    Some cluster properties, such as the values for Database Port and Master User Name, cannot be modified later. If you need to change them, choose Back to change them now.

    The following screenshot shows a summary of various options selected during the cluster launch process.

  7. After you initiate the creation process, choose Close. The cluster might take several minutes to be ready to use.

    You can monitor the status of the operation in the performance dashboard.

クラスターの変更

クラスターを変更すると、以下のオプションに対する変更が直ちに適用されます。

  • VPC セキュリティグループ

  • パブリックアクセス可能

  • Master User Password

  • [Automated Snapshot Retention Period]

  • [HSM Connection]

  • [HSM Client Certificate]

  • [Maintenance Window Start]

  • [Maintenance Window End]

以下のオプションに対する変更は、クラスターを再起動した後に限り、有効になります。

  • Cluster Identifier

    Cluster Identifier を変更すると、Amazon Redshift はクラスターを自動的に再起動します。

  • [Cluster Parameter Group]

自動作成されたスナップショットの保持期間を短縮すると、新しい保持期間に含まれなくなった、既存の自動作成されたスナップショットは削除されます。詳細については、「Amazon Redshift スナップショット」を参照してください。

To modify a cluster

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster that you want to modify.

  3. On the Configuration tab of the cluster details page, choose Cluster, and then choose Modify.

  4. In the Modify Cluster window, make the changes to the cluster, and then choose Modify.

    The following screenshot shows the Modify Cluster options for a cluster in a VPC.

クラスターの削除

クラスターが不要になった場合には、それを削除することができます。削除するクラスターと同じデータと設定を使って新しいクラスターをプロビジョニングする予定がある場合は、手動スナップショットを作成し、後でそのスナップショットを復元して、クラスターの作業を再開できるようにする必要があります。クラスターを削除して最終手動スナップショットを作成しなかった場合、クラスターデータは削除されます。どちらの場合も、クラスターの削除後、自動スナップショットは削除されますが、手動スナップショットはユーザーが削除するまで保持されます。手動スナップショットには、クラスターの Amazon Redshift スナップショットで使用できるストレージ量に応じて、Amazon Simple Storage Service ストレージ料金が課金されます。詳細については、「クラスターのシャットダウンと削除」を参照してください。

To delete a cluster

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster that you want to delete.

  3. On the Configuration tab of the cluster details page, choose Cluster, and then choose Delete.

  4. In the Delete Cluster dialog box, do one of the following:

    • In Create snapshot, choose Yes to delete the cluster and take a final snapshot. In Snapshot name, type a name for the final snapshot, and then choose Delete.

    • In Create snapshot, choose No to delete the cluster without taking a final snapshot, and then choose Delete.

    After you initiate the delete of the cluster, it can take several minutes for the cluster to be deleted. You can monitor the status in the cluster list as shown in the following screenshots. If you requested a final snapshot, Cluster Status will show final-snapshot before deleting.

    The following screenshot shows the cluster with a status of final-snapshot before it is deleted.

    The following screenshot shows the cluster with a status of deleting.

    When the process has finished, you can verify that the cluster has been deleted because it will no longer appear in the list of clusters on the Clusters page.

クラスターの再起動

クラスターを再起動すると、クラスターの状態が rebooting に設定されます。再起動が終了すると、クラスターイベントが作成されます。保留されていたクラスターへの変更はすべて、この再起動時に適用されます。

To reboot a cluster

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster that you want to reboot.

  3. On the Configuration tab of the cluster details page, choose Cluster and then choose Reboot.

  4. In the Reboot Clusters window, confirm that you want to reboot this cluster, and then choose Reboot.

    It can take several minutes for the cluster to be available. You can monitor the status of the reboot in the cluster list as shown in the following screenshot.

クラスターのサイズ変更

クラスターのサイズを変更する場合、クラスターの現在の設定と異なっているノード数またはノードタイプを指定します。クラスターのサイズ変更処理が実行中の間は、クラスターに対する書き込みクエリまたは読み取り/書き込みクエリは実行できません。読み込みクエリのみ実行できます。

さまざまな方法を使用してクラスターのサイズを変更するチュートリアルも含めて、クラスターのサイズ変更方法の詳細については、「チュートリアル: Amazon Redshift クラスターのサイズ変更」を参照してください。

To resize a cluster

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster that you want to resize.

  3. On the Configuration tab of the cluster details page, choose Cluster, and then choose Resize.

  4. In the Resize Clusters window, configure the resize parameters including the Node Type, Cluster Type, and Number of Nodes, and then choose Resize.

    You can monitor the progress of the resize on the Status tab.

クラスター構成に関する情報の取得

To get cluster configuration details

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster for which you want to view configuration information.

  3. On the Configuration tab of the cluster details page, review the configuration information. You can view information about the cluster properties, status, database, capacity, backup, audit logging, maintenance, and SSH ingestion settings.

クラスター状態の概要の取得

クラスターの [Status] タブには、クラスターの状態の概要、クラスターに関連するイベントの概要、およびクラスターに関連付けられている Amazon CloudWatch アラームのリストが表示されます。

To get an overview of cluster status

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster for which you want to view status information.

  3. Choose the Status tab.

    The status summary page is displayed as shown in the following screenshot.

クラスターのスナップショットの作成

次に示すように、クラスターの [Configuration] タブから、クラスターのスナップショットを作成できます。また、Amazon Redshift コンソールのスナップショットパートから、クラスターのスナップショットを作成することもできます。詳細については、「コンソールを使用したスナップショットの管理」を参照してください。

To take a snapshot of a cluster

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster for which you want to take a snapshot.

  3. On the Configuration tab of the cluster details page, choose Backup, and then choose Take Snapshot.

  4. In the Create Snapshot dialog box, do the following:

    1. In the Cluster Identifier box, choose the cluster that you want to take a snapshot of.

    2. In the Snapshot Identifier box, type a name for the snapshot.

  5. Choose Create.

    To view details about the snapshot taken and all other snapshots for your AWS account, go to the snapshots part of the Amazon Redshift console (see コンソールを使用したスナップショットの管理).

デフォルトのディスク容量アラームの編集

Amazon Redshift クラスターの作成時にデフォルトのディスク容量アラームの作成を選択した場合、アラームを編集できます。たとえば、アラームをトリガーする割合を変更したり、または期間の設定を変更する必要のある場合があります。

To edit the default disk space alarm

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Clusters, and then choose the cluster associated with the alarm that you want to edit.

  3. Choose the Status tab.

  4. In the CloudWatch Alarms section, choose the alarm that you want to edit.

    The default disk space alarm that was created when you launched your cluster is named percentage-disk-space-used-default-<string>. The string is randomly generated by Amazon Redshift.

  5. In the Edit Alarm window, edit any values that you want to change, such as the percentage or minutes.

  6. To change the Amazon SNS topic that the alarm is associated with, do one of the following:

    • If you want to select another existing topic, select a topic from the Send a notification to list.

    • If you want to create a new topic, choose create topic and specify a new topic name and the email addresses for recipients.

  7. Choose Save.

クラスターパフォーマンスデータの操作

[Performance]、[Queries]、[Loads] の各タブを使って、クラスターパフォーマンスデータを操作できます。クラスターパフォーマンスの操作方法の詳細については、「Amazon Redshift コンソールでパフォーマンスデータを使用する」を参照してください。