メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

コンソールを使用したパラメータグループの管理

Amazon Redshift console を使用して、パラメータグループの表示、作成、変更、および削除を行うことができます。これらのタスクを開始するには、[Parameter Groups] ページのボタンを使用します。次のスクリーンショットを参考にしてください。

リストにある任意のパラメータグループを展開して、パラメータおよびワークロード管理 (WLM) の設定の値の概要を表示することができます。次のスクリーンショットでは、パラメータ値の概要を示すために、custom-parameter-group というパラメータグループが展開されています。

パラメータグループを作成する

デフォルトのパラメータグループとは異なるパラメータ値を設定する場合は、パラメータグループを作成します。

To create a parameter group

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Parameter Groups.

  3. On the Parameter Groups page, choose Create Cluster Parameter Group.

  4. In the Create Cluster Parameter Group dialog box, choose a parameter group family, and then type a parameter group name and a parameter group description. For more information about naming constraints for parameter groups, see Amazon Redshift における制限.

  5. Choose Create.

パラメータグループを変更する

パラメータ設定と WLM 設定プロパティを変更して、パラメータを調整することができます。

注記

デフォルトのパラメータグループを変更することはできません。

To modify parameters in a parameter group

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Parameter Groups.

  3. On the Parameter Groups page, in the parameter group list, select the row of the parameter group that you want to modify.

  4. To edit the parameters other than the WLM configuration parameter, choose Edit Parameters.

    The Parameters tab opens as shown in the following screenshot.

  5. In the Value box that corresponds to the parameter you want to modify, type a new value. For more information about these parameters, see Amazon Redshift パラメータグループ.

  6. Choose Save Changes.

    注記

    If you modify these parameters in a parameter group that is already associated with a cluster, reboot the cluster for the changes to be applied. For more information, see クラスターの再起動.

To modify the WLM configuration in a parameter group

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Parameter Groups.

  3. On the Parameter Groups page, in the parameter group list, select the row of the parameter group that you want to modify.

    注記

    You cannot modify the default parameter group.

  4. To edit properties in the WLM configuration parameter, choose Edit WLM. The WLM tab opens as shown in the following screenshot.

  5. Do one or more of the following to modify the queue configuration:

    • To create a queue, choose Add Queue.

    • To modify a queue, change property values in the table.

    • To change the order of queues, choose the Up and Down arrow buttons in the table.

    • To delete a queue, choose the Delete button in the queue's row in the table.

  6. To have changes applied to associated clusters after their next reboot, choose Apply dynamic changes after cluster reboot.

    注記

    Some changes require a cluster reboot regardless of this setting. For more information, see WLM の動的プロパティと静的プロパティ.

  7. Choose Save.

コンソールを使用してクエリモニタリングルールを作成または変更する

AWS マネジメントコンソールを使用して、WLM クエリ管理ルールを作成および変更できます。クエリモニタリングルールは、パラメータグループの WLM 構成パラメータの一部です。詳細については、「WLM クエリモニタリングルール」を参照してください。

ルールを作成する際には、ルール名、述語 (複数可)、アクションを定義します。

ルールの含まれた WLM 構成を保存する際は、WLM 構成パラメータの JSON の一部として、ルール定義の JSON コードを表示できます。

To create a query monitoring rule

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Parameter Groups.

  3. On the Parameter Groups page, in the parameter group list, select the row of the parameter group that you want to modify.

    注記

    You cannot modify the default parameter group.

  4. To edit query monitoring rules in the WLM configuration parameter, choose Edit WLM. The WLM tab opens as shown in the following screenshot.

  5. Choose Add queue. A new queue appears, as shown in the following screenshot.

  6. To create a new rule using a predefined template, in the Rules for Queue 1 group, choose Add Rule from Templates. The Rule Templates dialog appears, as shown in the following screenshot.

  7. Choose one or more rule templates. WLM creates one rule for each template you choose. For this example, choose Long running query with high I/O skew and then choose Select.

    A new rule appears with two predicates, as shown in the following screenshot.

  8. Type a Rule name. The name can be up to 32 alphanumeric characters and must not contain spaces or quotation mark characters. For this example, type HighIOskew.

  9. Optionally, modify the predicates.

  10. Choose an Action. Each rule has one action. For this example, choose Hop. Hop terminates the query and WLM routes the query to the next matching queue, if one is available.

  11. Choose Save.

  12. To modify the rules for a queue, choose Edit.

  13. To add a new queue from scratch, choose Add Custom Rule. You can a maximum of five rules per queue, and a total of eight rules for all queues.

  14. Type a Rule name; for example, NestedLoop.

  15. Define a Predicate. Choose a predicate name, an operator, and a value. For this example, choose Nested loop join count (rows). Leave the operator at greater than ( > ), and for the value type 1000. The following screen shot shows the new rule with one predicate.

  16. To add additional predicates, choose the add icon to the right of the predicates. You can have up to three predicates per rule. If all of the predicates are met, WLM triggers the associated action.

  17. Choose an Action. Each rule has one action. For this example, accept the default action, Log. The Log action writes a record to the STL_WLM_RULE_ACTION system table and leaves the query running in the queue.

  18. Choose Done Editing. The queue details collapse.

  19. Choose Save.

  20. Amazon Redshift generates your WLM configuration parameter in JSON format and displays the JSON in a window at the bottom of the screen, as shown in the following screenshot.

パラメータグループを削除する

パラメータグループが必要なくなり、どのクラスターにも関連付けられていない場合は、削除できます。カスタムパラメータグループのみを削除できます。

To delete a parameter group

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. In the navigation pane, choose Parameter Groups.

  3. Select the row of the parameter group that you want to delete, and then choose Delete.

    注記

    You cannot delete the default parameter group.

  4. In the Delete Cluster Parameter Groups dialog box, choose Continue.

パラメータグループとクラスターを関連付ける

クラスターを起動する場合、パラメータグループに関連付ける必要があります。パラメータグループを後で変更する場合は、クラスターを変更し、別のパラメータグループを選択します。詳細については、「To create a cluster」および「To modify a cluster」を参照してください。